Rakuten infoseek

辞書

買(い)手【カイテ】

デジタル大辞泉

かい‐て〔かひ‐〕【買(い)手】
品物などの売買で買うほうの人。買い主。「買い手がつく」⇔売り手
取引所で、買いの側に立つ会員や取引員。⇔売り手

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐て かひ‥【買手】
〘名〙
① 買う側の人。買い方。買人(かいにん)。⇔売手
※寛永刊本蒙求抄(1529頃)八「廉直なる商人は〈略〉よき買手(かイテ)に自然に逢て高くうる程に五さう倍の利をとる」
② 特に、遊里で遊女を買う客。また、傾城買いの狂言での役名にもいう。明暦、万治(一六五五‐六一)頃の島原狂言で固定したもの。
※仮名草子・浮世物語(1665頃)一「三味線を引よせ、でつるてんと引(ひく)撥音、頓(やが)て買(カイ)手を上り鯰(なまず)にせんといへる響きあるぞゆゆしき」
③ 取引相場で、買いの側に立つ取引員や会員。また、多くの人が買うほうに傾くこと。⇔売手。〔取引所用語字彙(1917)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

買(い)手」の用語解説はコトバンクが提供しています。

買(い)手の関連情報

他サービスで検索

「買(い)手」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.