Rakuten infoseek

辞書

【アテ】

デジタル大辞泉

あて【貴】
[形動ナリ]
身分が高いさま。
「世界の男、―なるも卑しきも」〈竹取
上品で美しいさま。
「頭つき様体細やかに―なる程は」〈・宿木〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【貴】
[接頭]
人や人の集団を表す言葉に付いて、身分・位・家柄などが高いことを表す。「公子」「夫人」「族」
相手または相手に属する物を表す語に付いて、敬意をもって「あなたの」の意を表す。「国」「社」「研究所」
[接尾]人を表す語に付いて、年長者などに対する敬愛・親愛の気持ちを表す。「姉」「伯父

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【貴】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]たっとい とうとい たっとぶ とうとぶ
学習漢字]6年
価値・身分が高い。「貴顕貴族貴重貴賓貴金属貴公子高貴尊貴富貴
値段が高い。「騰貴
相手に対して敬意を示す語。「貴下貴君貴校貴国貴社貴殿
[名のり]あつ・あて・たか・たかし・たけ・むち・よし
[難読]貴方(あなた)貴女(あなた)貴人(うまひと・あてびと)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むち【貴】
神や人を尊んでいう語。固有名詞の下に付けることが多い。「大日孁(おおひるめの)」「大己(おおあな)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

貴(たか)
山口県、株式会社永山本家酒造場の製造する日本酒

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

き【貴】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

あて【貴】
形動ナリ
身分や家柄が高く貴いさま。高貴だ。 -なるも賤しきも/竹取
上品である。優美だ。 色はいよいよ白うなりて、-にをかしげなり/源氏 宿木

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【貴】
接尾
人を表す語に付いて、敬愛の意を表す。 兄- 伯父-

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むち【貴】
神や人を敬っていう語。 大日孁おおひるめの-/日本書紀 神代上訓注

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

あて【貴】
[1] 〘形動〙
① 身分や家柄などが高く貴いさま。高貴だ。⇔いやしい
※竹取(9C末‐10C初)「あてなるもいやしきも、いかで此のかぐや姫を得てしがな、見てしがなと」
② 人の容姿、態度などが上品でみやびやかなさま。目立たないものや弱小なものに品格のある美しさが感じられるさま。
※宇津保(970‐999頃)嵯峨院「容姿(かほかたち)清らならばあてにらうらうしき人といへど」
[2] ((一)①から転じて) 父上
※栄花(1028‐92頃)ゆふしで「あては麿(まろ)をば恋しとは思ひ給はぬか」
あて‐さ
〘名〙

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

あて・ぶ【貴】
〘自バ上二〙
① 上品にふるまう。優雅なさまをする。
源氏(1001‐14頃)東屋「若き君達とて、すきずきしくあてびても、おはしまさず」
② 上品ぶる。高慢である。〔改正増補和英語林集成(1886)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

き【貴】
[1] 〘接頭〙
① 人や、人の集団を表わすことばに付いて、身分や位、家柄などが高い意を表わす。「貴公子」「貴婦人」など。
② 相手、または相手に属する物を表わす語の上に付けて、「あなたの」の意を、尊敬の気持をこめて表わす。「貴君」「貴兄」「貴店」「貴意」「貴国」など。
※社会百面相(1902)〈内田魯庵〉虚業家尺牘数則「貴銀行へ持参致さんかとも存じが」
[2] 〘接尾〙 人を表わす語に付いて、敬愛の意を表わす。近世以後からの用法。友人の人名のほか、伯叔父母、兄姉を表わす語に付くことが多い。「兄貴」「伯父貴」など。
※歌舞伎・けいせい廓源氏(1802)六段「金八、わりゃ伯母貴(キ)を捨て置いたか」
[補注](一)②について「ロドリゲス日本大文典」では「qui(キ)はタットシで、尊敬すべき等といふ意味をあらはす。ソン(尊)よりは低い敬意を示し、本来は俗人や剃髪してゐない人に対して使はれる。例へば、quiden(キデン)、quixo(キショ)、〈略〉等」といっている。また、待遇価値は「御」「芳」よりも高いという。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

むち【貴】
〘名〙 や人を敬っていう語。〔水戸本丙日本紀私記(1678)〕
[補注]多くは「大日孁貴(おおひるめのむち)」「道主貴(みちぬしのむち)」のように、固有名詞の下に付けて用いられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貴の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.