Rakuten infoseek

辞書

貴殿【キデン】

デジタル大辞泉

き‐でん【貴殿】
[代]二人称の人代名詞。男性が目上または同等の男性に対して用いる。あなた。「貴殿の御尽力の賜物と感謝しています」
[補説]もと、目上の相手への敬称として用いたが、のちに、同輩に対する親愛の気持ちを表す語としても用いるようになった。現代では多く手紙や文書で用いる。
[名]相手を敬って、その住宅をいう語。貴宅。
「六波羅の―へも参ずべし」〈盛衰記・一〇〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

きでん【貴殿】
( 名 )
相手を敬って、その住居などを呼ぶ語。 「六波羅の-へも参ずべし/盛衰記 10
( 代 )
二人称。男性が目上や同輩の男性に対して用いる語。手紙・文書などにも用いられる。あなた。 「 -の御意見を伺いたく存じます」 〔近世前期までは、武家が目上の相手を尊敬して呼ぶ語として用いられた〕

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

き‐でん【貴殿】
[1] 〘名〙 他人を敬って、その殿舎をいう語。
源平盛衰記(14C前)一〇「六波羅の貴殿(キデン)へも参ずべし」
[2] 〘代名〙 対称。同等もしくは同等以上の男に対し、敬意をもって用いる語。男性が男性に対して使用する語。貴兄貴堂
明衡往来(11C中か)上末「貴殿若無指御障。令同道給乎」
※三河物語(1626頃)二「何と成供、御貴殿之御はからい、悪(あしき)事はあらじとて」
[補注]江戸前期には、武家が目上の相手を尊敬して呼ぶ語として使用されたが、のちには同輩に対しても用いた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貴殿」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貴殿の関連情報

他サービスで検索

「貴殿」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.