Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

貪婪【タンラン】

デジタル大辞泉

たん‐らん【×婪】
[名・形動]どんらん(貪婪)」に同じ。
「彼の頭脳は溌剌として、新鮮な水を含む海綿のように―にすべてを吸収した」〈島木健作・続生活の探求〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どん‐らん【貪×婪】
[名・形動]《「とんらん」とも》ひどく欲が深いこと。また、そのさま。貪欲。たんらん。「貪婪に利益をむさぼる」「貪婪な知識欲」
[派生]どんらんさ[名]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

たんらん【貪婪】
名 ・形動 [文] ナリ 
たんは漢音
どんらん(貪婪)に同じ。 百獣の中で尤も聡明なる大象と、尤も-なる小豚と結婚する様なものだ/吾輩は猫である 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どんらん【貪婪】
名 ・形動 [文] ナリ 
とんらんとも
飽くことを知らないこと。大変に欲深であること。また、そのさま。貪欲。たんらん。 -な金銭欲 -な好奇心
[派生] -さ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たん‐らん【貪婪・貪
〘名〙 (形動) きわめて欲の深いこと。むさぼり欲ばること。また、そのさま。どんらん。強欲。
※続日本紀‐慶雲三年(706)三月丁巳「競懐貪婪、空妨地利
※若い友へ(1936)〈野上彌生子〉「子供たちの頭の食慾は胃袋以上にたんらんです」 〔春秋左伝‐昭公二八年〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

どん‐らん【貪婪】
〘名〙 (形動) (「とんらん」とも) ひどく欲が深いこと。また、そのさま。貪欲。たんらん。
※三教指帰(797頃)上「水鏡氷霜之行尽滅、渓壑、貪婪之情競熾」
※地唄(1950)〈有吉佐和子〉「謡曲から小鼓、また清元常磐津の類まで、邦枝は貪婪に知ろうとしていた」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貪婪」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貪婪の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.