Rakuten infoseek

辞書

財産税

デジタル大辞泉

ざいさん‐ぜい【財産税】
財産を所有しているという事実に対して課される租税相続税固定資産税など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざいさんぜい【財産税 property tax】
納税者が財産を所有しているという事実に着目して課される税をいう。所得がフロー概念であるのに対して,財産はストックの概念であり,ある特定時点において個人あるいは法人納税者の所有している財産の価値が,財産税の課税標準を形成する。今日では納税者の担税力指標として所得をとるのが一般的であるが,所得額に関して同等ならば,財産額の多い納税者のほうが担税力が高いとする考え方も広く受け入れられており,フローに対する税を補完する税として,財産税は重要な位置を占めている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ざいさんぜい【財産税】
財産・資本を所有している事実に課される租税。所有者の総財産に課税する一般財産税と、相続税・贈与税・固定資産税などの特別財産税に分かれる。
富の再配分を目的として、1946年(昭和21)3月3日の時点で個人が有していた財産に対して課された国税。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

財産税
ざいさんぜい
財産または資本を所有する事実に基づいて課せられている税。これには財産 (資本) から支払われる実質的財産税 (資本課徴) と,一応は財産を租税客体としながらも事実上財産所有者の所得から支払われる名目的財産税があるが,今日では相続税や贈与税などほとんどが名目財産税である。実質的財産税は戦争のような国家緊急事態に臨時税として課せられる。財産税は財産の不当な取得などによる不労所得排除の効果があり,所得税の補完税となる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

財産税
ざいさんぜい
納税者が財産を所有しているという事実に着目して課される税。経済的に重要な概念上の区別がフローとストックの間になされるが、財産税はストックに対する税であり、フローである所得などと同じく、ストックである財産も担税力を有すると一般に考えられている。
 財産税は特定の財産を課税物件として物税の形で課することもできるし、一個人の財産価値を合計して人税として課することもできる。わが国の地方税の固定資産税や都市計画税、特別土地保有税、自動車税、軽自動車税などは前者の例であり、おのおのの形態の財産の所有に担税力をみいだしている。後者の例としては、シャウプ税制勧告に基づいて1950年(昭和25)から短期間実施された富裕税(1952年限りで廃止)や相続税(1953年に改正)などがある。
 わが国の固定資産税や、イギリスのレートrates、アメリカのプロパティ・タックスproperty taxなどは、いずれも地方財政の財源として重要な存在となっている。これらは、土地、家屋、工場や固定資本設備を課税物件とするものであり、地方公共団体間の移動が少ないことと、収入の安定性などの性格のゆえに、地方税として適当なものと考えられている。課税標準には、財産の価値評価額をとる場合と、イギリスのレートのようにそれの生み出す賃貸価値をとる場合とがある。[林 正寿]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざいさん‐ぜい【財産税】
〘名〙 財産の所有者に対して課される租税の総称。所有者の総財産を課税の対象とする一般財産税(第二次世界大戦後短期間実施された富裕税、同じく戦後採用された財産税など)と、特定の理由により取得した財産や特別の財産に課する個別財産税(固定資産税、特別土地保有税など)に分かれる。〔尖端語百科辞典(1931)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

財産税」の用語解説はコトバンクが提供しています。

財産税の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.