Rakuten infoseek

辞書

財産相続【ザイサンソウゾク】

デジタル大辞泉

ざいさん‐そうぞく〔‐サウゾク〕【財産相続】
人の死亡による財産上の地位相続。この場合には債務などの消極財産も含む。→身分相続

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざいさんそうぞく【財産相続】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ざいさんそうぞく【財産相続】
財産上の地位の相続。この場合の財産には消極財産も含む。 → 身分相続

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

財産相続
ざいさんそうぞく
身分相続に対する概念で、財産上の地位に関する相続。民法旧規定では、身分相続としての家督相続があったが、現行法では財産相続だけとなった。[編集部]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざいさん‐そうぞく ‥サウゾク【財産相続】
〘名〙 人の死亡による財産(負債も含む)上の地位の承継。旧民法では、身分相続としての家督相続と財産相続としての遺産相続とを並立させていたが、現行の民法では財産相続だけを規定している。
※法と自由(1954)〈末川博〉権利意識の生成「相続といえば、すべて死んだ者の財産を承継する財産相続だけになった」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

財産相続」の用語解説はコトバンクが提供しています。

財産相続の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.