Rakuten infoseek

辞書

財務管理【ざいむかんり】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

財務管理
ざいむかんり
financial management
経営管理の一職能で,フローとしての資金需要供給を適合させる機能とストックとしての資本の需要と供給を適合させる機能をになう。具体的には,前者財務流動性や財務的均衡を維持する職能で,後者設備投資などの資本運用計画と資本調達計画を時間的,金額的に適合させる職能である。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ざいむかんり【財務管理】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ざいむかんり【財務管理】
組織内の資金需要と資金の調達可能性との調整を図ること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

財務管理
ざいむかんり
financial management
企業がその財務活動を最効率的に遂行するために行う一連の諸策の体系。企業が行う生産活動の要素には、人(労働力)、物(機械・設備・原材料等の物的手段)、金(かね)(資本)、情報、の4種があるが、このような観点からは、財務管理は金を対象にし、その効率的運用を目的とする管理であることになる。しかし、企業における金は資本としての機能をもち、最初は貨幣の姿をとっているが、労働力、物的手段、情報に姿を変えて生産過程で作用し、ふたたび貨幣に戻るという転換を反復する。かくて、企業の生産過程のすべては、資本すなわち金の視点から統一的、総合的に掌握することが可能になり、このような視点から効率化を目的とする財務管理が成立しうることになる。
 以上述べたことを整理すると、企業の財務活動は二つに分けられる。第一は、現金の出納(すいとう)および保管という日常反復的な現場の執行的業務と、それに付随関連する業務であり、これを実体的財務活動とよぶ。第二は、企業全体の視点から資本需給の適合関係を資本の質(調達源泉による内容の相違など)と量の両面から問題にする分野であり、これを総合的財務活動とよぶ。実体的財務活動を対象にする管理は資金管理であり、総合的財務活動を対象にする管理は資本管理である。財務管理の内容は、このようにしてまず資金管理と資本管理の二大体系に分かれる。
 企業財務への関心は時代によって変遷してきている。初期には、企業が必要とする資本の調達と資金の出納に関心が置かれた。しかし、資金の出納は日常反復的な定常業務であるとして比較的軽視され、設立時の資本調達のような非定常事項が重視され、株式、社債等の資本調達手段の問題が関心を集めた。この時代の財務管理の研究は、会社金融論、企業金融論などとよばれている。その後しだいに、資本を内部的にいかに運用するかという問題に関心が移行し、さらに、資本運用の原点であり核心となる経営者や財務管理者の下す財務上の意思決定、とくに投資決定に関心が絞られるようになった。現在の財務管理は、過去の関心と成果をこのような最近の関心のもとに吸収整理し、経営管理(マネジメント)の機能と接合して体系化されたものである。現代のマネジメントの中心機能は意思決定に求められているから、財務管理もまた、二大体系のうち資本管理に比重がかかることになる。
 資本管理の内容は、企業の資本構造にかかわる基幹部分と、それを具体化した個別問題部分とからなっている。前者の資本管理の基幹部分は、財務目標と最適資本構成に関する意思決定を主内容としている。財務目標は、投資や資金調達に関する各種代替案の選択原理となるものであり、もっとも代表的なものとしては企業価値の長期的極大化が用いられる。このような選択原理を具体的に運用する際の基準として広く用いられるものが、資本コストである。投資決定や調達源泉選択の問題を資本コストの観点から展開するところに、現代財務管理の特色がある。資本管理の第二の内容である個別問題部分は、設備投資、運転資本管理、利益処分ないし配当政策、資金調達などに関する意思決定を取り扱う。設備投資は長期的・固定的資産への資本投入であり、運転資本管理は短期的・流動的資産への資本投入である。利益処分の中心になるのは配当政策であるが、その方策のいかんは企業の財務体質を左右する。資金調達は、財務目標に沿い、各個別問題の決定に対応する資金需要を掌握し、資本市場のような環境条件を勘案しつつ、タイミングよく資金源泉、調達手段、調達金額を決定することである。経営管理はしばしば計画―組織―統制の循環と理解され、これに対応して財務管理も財務計画、財務組織、財務統制が成立するが、財務管理では財務計画が圧倒的な比重を占めることになる。[森本三男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざいむ‐かんり ‥クヮンリ【財務管理】
〘名〙 企業経営の根幹である資本の調達および運用など、経営における財務活動を最効率的に遂行できるように計画し統制すること。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

財務管理」の用語解説はコトバンクが提供しています。

財務管理の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.