Rakuten infoseek

辞書

負担【フタン】

デジタル大辞泉

ふ‐たん【負担】
[名](スル)
荷物を肩や背にかつぐこと。また、その荷物。
義務・責任などを引き受けること。また、その義務・責任など。「費用は全員で負担する」
力量を超えて重すぎる仕事や責任。重荷。「負担にならない程度の寄付

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ふたん【負担】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ふたん【負担】
( 名 ) スル
背に負ったり、肩に担いだりすること。また、その荷物など。 「上に数千鈞の重量ある枝葉を-しながら/日本風景論 重昂
仕事や義務・責任などを引き受けること。また、その仕事・義務など。 「費用は親が-してくれた」
能力以上に課せられた仕事や責任。重荷。 「仕事が相当な-となる」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ふ‐たん【負担】
〘名〙
① 荷物を負いかつぐこと。また、その荷物。負荷(ふか)
※続日本紀‐和銅七年(714)二月庚寅「去京遙遠、貢調極重、請代細布、頗省負担」 〔楚辞‐哀時命〕
② 身に引き受けること。義務責任などを身に負うこと。また、その義務や責任。
※日本開化小史(1877‐82)〈田口卯吉〉二「軍馬の事は常に此輩の負担する所となれり」 〔春秋左伝‐荘公二二年〕
仕事や義務などが過重なこと。また、その仕事や責任。重荷(おもに)。「仕事が負担になる」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

負担」の用語解説はコトバンクが提供しています。

負担の関連情報

他サービスで検索

「負担」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.