Rakuten infoseek

辞書

貝殻【かいがら】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

貝殻
かいがら
shell
軟体動物が外套膜から分泌形成し,その外被としている硬い構造。炭酸カルシウムを主成分とするが,コンキオリンなど特有の蛋白質も含む (約1%) 。外表から順に殻皮層,殻質層 (角柱層) ,殻質下層 (真珠層) の3層に分けられる。殻皮層はキチン質できわめて薄い。殻質層は色素を含み,最も厚い。殻質下層は無数の薄層をもつ真珠質から成り,光線の干渉による美しい光沢を放つ。体内に侵入した砂粒などの異物のまわりに真珠質が分泌されると,真珠ができる。殻の形状は変化に富み,一般に二枚貝類では皿状の殻が左右2枚,腹足類では杯状または旋状,ツノガイなどの掘足類では両端で開口する角笛状となる。頭足類でもこれらに相当するものがあるが,体内に陥入して甲またはペンと呼ばれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かい‐がら〔かひ‐〕【貝殻】
貝の軟体を外側から包む石灰質などからなる硬い物質。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かいがら【貝殻】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かいがら【貝殻】
貝の外側を覆っている殻。外套膜から分泌される石灰質から成り、貝の身を保護している。貝。介殻。 「 -細工ざいく

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かい‐がら かひ‥【貝殻】
〘名〙
① 貝の体の外側をおおう殻(から)。外とう膜から分泌される貝殻質と炭酸石灰の混合したもので形成され、二枚貝は殻皮(かくひ)層、角柱層、真珠層の三層からなる。石灰の原料に利用される。介殻(かいかく)。〔羅葡日辞書(1595)〕
浄瑠璃・心中天の網島(1720)橋尽し「あのいたいけなかいがらに、一ぱいも無きしじみ橋」
※浄瑠璃・加増曾我(1706頃)三「耳際(みみぎは)よりかひがらかけて切こまれ、よろりよろりと引きにける」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

貝殻」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貝殻の関連情報

他サービスで検索

「貝殻」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.