Rakuten infoseek

辞書

貝の塩抜き、見分け方【かいのしおぬきみわけかた】

食の医学館

かいのしおぬきみわけかた【貝の塩抜き、見分け方】
貝をおいしく味わうためには、生きていることが必須。とりたては、砂を吸いこんだままなので“砂抜き”をかならず行いましょう。よくを水洗いしたあと、約3%(2カップの水に塩小さじ2杯くらい)の食塩水に、数時間つけ、常温で静かな暗いところへ置きます。真水では貝が弱りますから避けてください。
 (から)つきのアサリなら、模様が鮮明で、ぬめりのあるもの。また殻をかたく閉じ、塩水につけると水管をよく伸ばして水を噴出するものが新鮮。むき身なら、弾力つやのあるものを選びましょう。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

貝の塩抜き、見分け方」の用語解説はコトバンクが提供しています。

貝の塩抜き、見分け方の関連情報

他サービスで検索

「貝の塩抜き、見分け方」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.