Rakuten infoseek

辞書

【キサ】

デジタル大辞泉

きさ【象】
象(ぞう)古名
「―出で来てその山を越しつ」〈宇津保・俊蔭〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう〔シヤウ〕【象】
かたち。ありさま。
「満目凡て大陸の―を示す」〈独歩・愛弟通信〉
易(えき)に表れた形。占形(うらかた)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう【象】[漢字項目]
[音]ショウ(シャウ)(漢) ゾウ(ザウ)(呉) [訓]かたどる
学習漢字]4年
〈ショウ〉
物の形。目に見えるすがた。「印象気象具象形象現象事象心象対象万象
物の形をかたどる。「象形象徴
〈ゾウ〉
動物の名。ゾウ。「象牙(ぞうげ)/巨象」
物の形。「有象無象(うぞうむぞう)
[名のり]かた・きさ・たか・のり
[難読]椿象(かめむし)海象(セイウチ)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞう〔ザウ〕【象】
長鼻目ゾウ科の哺乳類総称。陸上動物では最大。頭部が巨大で、鼻は上唇とともに長く伸び、人間の手と同様の働きをする。上あごの門歯が伸びて牙(きば)となり、臼歯(きゅうし)は後ろから前へずれながら生え替わる。現生種はアフリカゾウアジアゾウに大別され、化石種にはマンモスナウマンゾウなどがある。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞう【象】[漢字項目]

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

別役実による戯曲。1963年、劇団自由劇場により初演。1965年、第11回「新劇岸田戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)の候補作品となる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しょう【象】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きさ【象】
ぞうの古名。 「 -出で来てその山を越しつ/宇津保 俊蔭

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう【象】
かたち。すがた。 「太平の-を具したる春の日に/草枕 漱石

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞう【象】
長鼻目ゾウ科の哺乳類の総称。中新世頃から栄え、化石で発見される種は多いが、現生種は大形のアフリカゾウ・アジアゾウの二種のみ。長い鼻は、鼻と上唇が伸びたもので、内部には骨格がない。上顎じようがく門歯は長く伸びて牙きばとなる。現生の陸生動物中では最大。仏教では白象を神聖視する。古名、きさ。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

動植物名よみかた辞典 普及版

象 (ゾウ・キサ)
動物。ゾウ科に属する動物の総称

出典:日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きさ【象】
〘名〙 象(ぞう)の古名。
※大智度論平安初期点(850頃か)三四「善勝白象(キサ)を下りて、怨家に施与して」
※名語記(1275)六「けだもののきさ、如何。答、象をきさといへり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しょう シャウ【象】
〘名〙
① かたち。すがた。ありさま。形象。
※自然真営道(1753頃か)大序「文字始於易卦爻〈略〉做之以事物理象皃似諸字、以貝作宝字類
※愛弟通信(1894‐95)〈国木田独歩〉大連湾進撃「満目凡て大陸の象(シャウ)を示す」 〔荘子‐達生〕
② 易であらわれたかたち。占形(うらかた)。〔易経‐繋辞下〕
③ (のり、てほんの意) 道理。人間が守らなければならないおきて。規則。法律。
※米沢本沙石集(1283)一〇末「文を尊ぶ故に、人文を学でいつはり多し。されば五帝の象(シャウ)をたれ、蒼頡(さうけつ)か書をつくり」 〔史記‐楽書〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ぞう ザウ【象】
〘名〙 ゾウ科に属する哺乳類の総称。体高二・五~三・五メートル。体はきわめて大きく、現存の陸生動物中最大。全体に灰色ないし灰黒色で皮膚は厚く体毛はほとんどない。四肢(しし)は太く柱状。耳は葉状で大きいが目は小さい。鼻と上くちびるが管状になって長くのび、水を吸い、手の働きをするほか攻撃の具にもなる。上あごの門歯が口外に長くのびて牙となり、象牙(ぞうげ)と呼ばれる。草食性で、力は強大。アジアゾウとアフリカゾウの二種が現存し、それぞれに属する亜種セイロンゾウ・マルミミゾウが著名である。マルミミゾウは耳の形などが他の亜種と異なるために、別の種とされる場合もある。中新世(約二〇〇〇万年前)ごろから栄えた動物で、多くの化石種がある。象牙は種々の細工物に利用。白象は、普賢菩薩(ふげんぼさつ)の使いと信じられ、菩薩の乗り物として名高い。古名、きさ。
※観智院本三宝絵(984)下「又普賢菩薩をみて象にのりて頂をなでたり」
※幸若・高たち(室町末‐近世初)「しし、さう、虎のほうる声かくやとおもひしられたり」 〔史記‐大宛伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

象の関連情報

他サービスで検索

「象」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.