Rakuten infoseek

辞書

象意【しょうい】

占い用語集

象意
象は「かたどる」の意味で、八卦九星などの表す意味合いを、物や自然現象になぞらえたもの。繋辞伝では「象は像(かたどる)なり」とされている。

出典:占い学校 アカデメイア・カレッジ
Copyright (C) 2007 AKADEMEIA COLLEGE All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょう‐い シャウ‥【象意】
〘名〙 漢字の六書(りくしょ)の一つ。二つ以上の漢字を意味の上で組み合わせて新しい文字を作る方法。「木」を二つ合わせて「林」、「人」と「言」を合わせて「信」を作る類。会意(かいい)。〔漢書‐芸文志〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

象意」の用語解説はコトバンクが提供しています。

象意の関連情報

他サービスで検索

「象意」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.