Rakuten infoseek

辞書

【ゆたか】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


ゆたか
広島県南西部,呉市南東部の旧町域。大崎下島の大部分と三角島の東半部からなる。 1956年御手洗町と久友村,大長村の2村が合体して豊町が発足。 2005年呉市に編入。中心集落の御手洗は江戸時代には広島藩の貿易港,瀬戸内海航路の潮待ち港,中継の港町として発展。大長はミカン栽培が盛んで,耕地のほとんどがミカン畑であり,近くの島へ出作も行なわれている。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とよ【豊】
[語素]格助詞「の」を伴って連体詞のように用いるほか、名詞、時に動詞の上に付いて複合語をつくる。十分に満ち足りていること、豊かなことを表し、ほめる意を添える。「の年」「の明け」「あしはら」「御酒(みき)」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう【豊〔豐〕】[漢字項目]
[音]ホウ(漢) ブ(慣) [訓]ゆたか
学習漢字]5年
たっぷりとある。ゆたか。ふくよか。「豊艶(ほうえん)豊頰(ほうきょう)豊潤豊富豊満
作物がよく実る。「豊作豊穣(ほうじょう)豊年
ゆたかにする。「豊胸術」
豊臣(とよとみ)氏。「豊太閤(ほうたいこう)織豊時代
豊(とよ)の国。「豊州/筑豊(ちくほう)
[名のり]あつ・かた・て・と・とよ・のぼる・ひろ・ひろし・みのる・もり・ゆた・よし
[難読]豊前(ぶぜん)豊後(ぶんご)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ほう【豊】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とよ【豊】
助詞「の」を伴って連体修飾語として用いられるほか、名詞、時に動詞の上に付いて用いられる。物事が豊かである意を表し、褒める意を添える。 「 -秋津島」 「 -旗雲」 「 -寿く」 「新しき年の初めに-の稔とししるすとならし雪の降れるは/万葉集 3925

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典

〔新潟県〕豊(ゆたか)

出典:講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


ゆたか
広島県南部、豊田郡(とよたぐん)にあった旧町名(豊町(まち))。現在は呉市(くれし)の一地区。旧町域は大崎下(おおさきしも)島の大部分とその北部海上にある三角(みかく)島の東半部からなる。ほかに無人島の中ノ島、平羅(へら)島などを含む。1998年(平成10)大崎下島―平羅島―中ノ島―岡村島(愛媛県)を架橋で結ぶ「安芸灘オレンジライン(あきなだおれんじらいん)」が開通した。旧豊町は1956年(昭和31)御手洗(みたらい)町と久友(ひさとも)、大長(おおちょう)の2村が合併して成立。2005年(平成17)呉市に編入。大崎下島は一峰寺(いっぽうじ)山(449メートル)を最高峰とする丘陵性山地で平地に乏しい。御手洗は広島藩政時代は潮待ち港、風待ち港として知られ、当時の遊女屋若胡子(わかえびす)屋(県の史跡)などが残り、1994年重要伝統的建造物群保存地区に選定された。中心地区の大長には竹原、明石(あかし)を経由する船便があり、また大長ミカンの産地として知られ、他の島への渡り作も行われる。一峰寺山一帯は瀬戸内海国立公園域。[北川建次]
『『豊町史』(2000・豊町)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とよ【豊】
〘語素〙 (助詞「の」を伴って連体詞のように用いるほか、名詞、時に動詞の上に付いて熟して用いられる) 物事が十分に満ち足りていること、ゆたかなことを表わして、ほめる意を添える。「豊の明り」「豊の年」「豊御酒(みき)」「豊秋津島」「豊寿(とよほ)く」など。
※万葉(8C後)一一・二五一一「隠田(こもりく)の豊(とよ)泊瀬道(はつせぢ)は常滑(とこなめ)の恐き道そ恋ふらくはゆめ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ほう【豊】
〘名〙 易の六十四卦の一つ。 上卦は震(雷)、下卦は離(火)。震は動を、離は明を表わし、内が明らかで外に向かって動くさま。盛大になる象。雷火豊。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豊の関連情報

他サービスで検索

「豊」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.