Rakuten infoseek

辞書

豊田四郎【とよだしろう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

豊田四郎
とよだしろう
[生]1906.1.3. 京都
[没]1977.11.13. 東京
映画監督。 1925年松竹に入社。『彩られし唇』 (1929) で監督昇進,以後映画会社を転々としながら,多くのすぐれた文芸映画を手がけた。主要作品『若い人』 (37) ,『泣虫小僧』 (38) ,『鶯』 (38) ,『小島の春』 (40) ,『雁』 (53) ,『夫婦善哉』 (55) ,『猫と庄造と二人のをんな』 (56) ,『恍惚の人』 (73) 。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とよだ‐しろう〔‐シラウ〕【豊田四郎】
[1906~1977]映画監督。京都の生まれ。文学作品の映画化に佳作が多い。代表作若い人」「小島の春」「夫婦善哉」など。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

豊田四郎 とよだ-しろう
1905-1977 昭和時代の映画監督。
明治38年12月25日生まれ。大正13年松竹蒲田(かまた)撮影所にはいる。昭和11年東京発声映画製作所にうつり,「若い人」でみとめられる。戦後は「雁(がん)」「夫婦善哉(めおとぜんざい)」「濹東綺譚(ぼくとうきだん)」などの文芸作品を手がけた。昭和52年11月13日死去。71歳。京都出身。京都府立第一中学卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版

とよだしろう【豊田四郎】
1906‐77(明治39‐昭和52)
映画監督。日本映画史に一つの流れをつくった〈文芸映画〉の名匠として知られる。京都に生まれ,府立一中を卒業後,東京へ出て劇作家を志すが,偶然の機縁で知り合った日本映画の先駆的監督田中栄三にシナリオを書くことをすすめられ,次いで松竹蒲田撮影所島津保次郎助監督となり,佐藤春夫の小説《売笑婦マリ》からヒントを得た自作の脚本による《彩られる唇》(1929)で監督となった。その後,ふたたび5年間の助監督生活を余儀なくされるという曲折があったが,1936年,松竹の監督であった重宗和伸(1896‐1971)が前年に設立した東京発声映画製作所に入社し(1941年,解散して東宝に吸収される),北国のアメリカ系ミッション・スクールを舞台に自由なモラルを描いた石坂洋次郎のベストセラー小説をみずみずしい手法で映画化した《若い人》(1937)で認められ,一流監督として知られるようになった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とよだしろう【豊田四郎】
1905~1977) 映画監督。京都生まれ。文芸映画というジャンルを活用して女性の感情の機微を生々しく描いた。「小島の春」「雁」「夫婦善哉」「雪国」など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

豊田四郎
とよだしろう
(1905―1977)
映画監督。京都市に生まれる。京都府立一中卒業後、1924年(大正13)松竹蒲田(かまた)撮影所に入社。東京発声に移籍後、教師と女生徒の淡い関係を描いた『若い人』(1937)がフレッシュな話題をよび注目を浴びる。以降、当時の農村社会の実情を人間群像のなかに浮き彫りにした『鶯(うぐいす)』(1938)、瀬戸内海を舞台にハンセン病患者を扱った『小島の春』(1940)などで地歩を占め、第二次世界大戦後の『雁(がん)』(1953)、『夫婦善哉(めおとぜんざい)』(1955)、『猫と庄造(しょうぞう)と二人のをんな』(1956)、『雪国』(1957)、『暗夜行路』(1959)、『東綺譚(ぼくとうきたん)』(1960)などの著名文学作品の映画化で「文芸映画」の名匠として知られた。その本領は庶民生活における「わわしい女とだめ男」の悲喜こもごもの姿を、克明な環境描写でユーモラスに活写した『夫婦善哉』に集約的に発揮されている。ほかに『甘い汗』(1964)、『恍惚(こうこつ)の人』(1973)などがある。[佐伯知紀]

資料 監督作品一覧

彩られる唇(1929)
都会を泳ぐ女(1929)
友愛結婚(1930)
心驕(おご)れる女(1930)
三人の女性(1935)
東京―大阪特ダネ往来(1936)
大番頭小番頭(1936)
蒲田大船スタジオの春(1936)
港は浮気風(1937)
オヤケアカハチ(1937)
若い人(1937)
十字砲火(1937)
泣蟲(なきむし)小僧(1938)
冬の宿(1938)
(うぐいす)(1938)
奥村五百子(いおこ)(1940)
小島の春(1940)
大日向村(1940)
わが愛の記(1941)
若き姿(1943)
(ひのき)舞台(1946)
四つの恋の物語~第一話「初恋」(1947)
わが愛は山の彼方に(1948)
白鳥は悲しからずや(1949)
女の四季(1950)
えりことともに 第一部・第二部(1951)
せきれいの曲(1951)
風ふたゝび(1952)
春の囁(ささや)き(1952)
雁(1953)
或る女(1954)
麦笛(1955)
夫婦善哉(1955)
白夫人の妖恋(1956)
猫と庄造と二人のをんな(1956)
雪国(1957)
夕凪(1957)
負ケラレセン勝マデハ(1958)
喜劇 駅前旅館(1958)
花のれん(1959)
男性飼育法(1959)
暗夜行路(1959)
珍品堂主人(1960)
東綺譚(1960)
東京夜話(1961)
明日ある限り(1962)
如何(いか)なる星の下に(1962)
憂愁平野(1963)
台所太平記(1963)
新・夫婦善哉(1963)
喜劇 陽気な未亡人(1964)
甘い汗(1964)
波影(1965)
四谷怪談(1965)
大工太平記(1965)
千曲川絶唱(1967)
喜劇 駅前百年(1967)
喜劇 駅前開運(1968)
地獄変(1969)
恍惚の人(1973)
妻と女の間(1976)

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊田四郎」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豊田四郎の関連情報

関連キーワード

[各個指定]工芸技術部門[各個指定]芸能部門寺山修司オガデン戦争安野光雅金壽根ビオラ(Bill Viola)児童雑誌冤罪見田宗介

他サービスで検索

「豊田四郎」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.