Rakuten infoseek

辞書

豊年斎 梅坊主【ホウネンサイ ウメボウズ】

20世紀日本人名事典

豊年斎 梅坊主
ホウネンサイ ウメボウズ

明治・大正期の寄席芸人(色物) かっぽれ(大道芸)の継承者。



生年
嘉永7年1月1日(1854年)

没年
昭和2(1927)年2月13日

本名
松本 梅吉

別名
後名=豊年斎 太平坊(ホウネンサイ タイヘイボウ)

経歴
19世紀初頭の文化文政ごろ江戸市中でひろまった大道芸の“かっぽれ”は、正保元年(1644)紀国屋文左衛門が帰国した時の祝い歌ともいわれるが、明治に入って5代菊五郎や9代団十郎が舞台で演じたことから今に伝えられている。その振付をしたのが兄の豊年斎平坊主で、その死後梅坊主一座の代表として明治、大正時代に活躍。寄席や小劇場に出演して大道芸を舞台芸にまで磨き上げた。晩年は梅坊主を長男に、平坊主を二男に譲り、自分は豊年斎太平坊と称した。

出典:日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」(2004年刊)
(C) 2004 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

新撰 芸能人物事典 明治~平成

豊年斎 梅坊主
ホウネンサイ ウメボウズ

職業
寄席芸人(色物)

本名
松本 梅吉

別名
後名=豊年斎 太平坊(ホウネンサイ タイヘイボウ)

生年月日
嘉永7年 1月1日

経歴
19世紀初頭の文化文政ごろ江戸市中でひろまった大道芸の“かっぽれ”は、正保元年(1644)紀国屋文左衛門が帰国した時の祝い歌ともいわれるが、明治に入って5代菊五郎や9代団十郎が舞台で演じたことから今に伝えられている。その振付をしたのが兄の豊年斎平坊主で、その死後は梅坊主が一座の代表として明治、大正時代に活躍。寄席や小劇場に出演して大道芸を舞台芸にまで磨き上げた。晩年は梅坊主を長男に、平坊主を二男に譲り、自分は豊年斎太平坊と称した。

没年月日
昭和2年 2月13日 (1927年)

家族
兄=豊年斎 平坊主(寄席芸人)

出典:日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)
(C) 2010 Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

367日誕生日大事典

豊年斎 梅坊主 (ほうねんさい うめぼうず)
生年月日:1854年1月1日
明治時代;大正時代の寄席芸人
1927年没

出典:日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」
(C) Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊年斎 梅坊主」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豊年斎 梅坊主の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.