Rakuten infoseek

辞書

豊川【とよがわ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

豊川
とよがわ
愛知県北東部の美濃三河高原に発し,新城市長篠で宇連と合流し,豊橋市北西渥美湾に注ぐ川。全長約 77km。上流域は年降水量 2500mm前後と県内最多雨地域にあたるため流量豊富。江戸時代には吉田 (豊橋市) と新城間の物資輸送路として利用されたが,飯田線開通後は取って代わられた。中・下流部の両岸には2~3段の河岸段丘が形成され,新城,豊川,豊橋などの市街発達夏季洪水を防ぐ豊川放水路が 1965年,東三河地方と静岡県湖西市などに給水する豊川用水が 1968年に完成。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とよかわ〔とよかは〕【豊川】
愛知県東部の市。豊川稲荷(いなり)門前町自動車などの機械工業や花・野菜などの栽培が盛ん。平成18年(2006)に一宮町を、平成20年(2008)に音羽町・御津町を、平成22年(2010)に小坂井町を編入。人口18.2万(2010)。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とよ‐がわ〔‐がは〕【豊川】
愛知県東部の川。段戸山付近にを発し、南流して豊橋市で渥美湾に注ぐ。長さ77キロ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

とよがわ【豊川】
愛知県東部,東三河地方を流れる川。木曾川矢作(やはぎ)川と並ぶ県内三大河川の一つで,幹川流路延長77km,全流域面積724km2。県北部の段戸山(1152m)に源を発して南下し,長篠城跡の南で支流の宇連(うれ)川(三輪川)を合わせ,そこから南西に流路を変えて豊橋市北方で三河湾に注ぐ。上流部は寒狭(かんさ)川と通称される。上流の水源地域は木曾山脈の南に続く美濃三河高原で,花コウ岩,領家変成岩,設楽火山岩などの地層によって構成され,随所隆起準平原のなごりをとどめる平たん地が開けている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とよかわ【豊川】
愛知県南東部、豊川下流域の北岸にある市。豊川稲荷の門前町。木工・光学・機械工業などが盛ん。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とよかわ【豊川】
姓氏の一。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

豊川
とよがわ
愛知県東三河地方を貫流し、三河湾に注ぐ川。一級河川。延長77キロメートル、流域面積724平方キロメートル。天竜川水系の大千瀬(おおちせ)川との分水嶺(ぶんすいれい)は池場(いけば)峠である。流路は八名(やな)・弓張(ゆみはり)山地と三河山地の間の中央構造線に沿っている。美濃(みの)三河高原の段戸山(だんどやま)付近に発し、宇連(うれ)川(三輪(みわ)川)その他の支流を新城(しんしろ)市の長篠(ながしの)付近であわせ、豊橋市で三河湾に流入する。上流を寒狭(かんさ)川ともよぶ。上流部はみごとな河岸段丘をつくり、下流部に沖積低地、河口付近は遠浅な海岸である。下流の沖積地はたびたび氾濫(はんらん)を起こし、洪水防御のため戦国時代霞(かすみ)堤(鎧(よろい)堤)がつくられた。現在は豊川放水路が設けられている。1968年(昭和43)豊川用水が開削され、段丘上と渥美(あつみ)半島の乏水性を解消させた。[伊藤郷平]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とよかわ とよかは【豊川】
愛知県南東部の地名。古くから鎌倉街道の宿駅、妙厳寺(みょうごんじ)(=豊川稲荷)の門前町として発達。昭和一四年(一九三九)海軍工廠が設置されて軍需工業都市となり、第二次世界大戦後は金属・機械などの工業が盛ん。昭和一八年(一九四三)市制。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

とよかわ とよかは【豊川】
姓氏の一つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豊川」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豊川の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.