Rakuten infoseek

辞書

豆乳【とうにゅう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

豆乳
とうにゅう
豆腐」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

とう‐にゅう【豆乳】
水に浸した大豆をひき砕き、を加えて煮て、こした牛乳に似た白濁状で、古くから母乳・牛乳の代用とされてきた。豆腐ゆば原料。まめの

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典

豆乳
 ダイズに吸水させ砕して熱水抽出したもの.この抽出物からカルシウムでタンパク質を沈殿させて作ったものが豆腐である.また豆乳は加工して飲料にもする.

出典:朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

和・洋・中・エスニック 世界の料理がわかる辞典

とうにゅう【豆乳】
大豆を水に浸してやわらかくし、すりつぶした乳状の豆汁(ご))に水を加え、煮てこしたもの。そのまま飲むほか、豆腐の原料となる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2010.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

食の医学館

とうにゅう【豆乳】

《栄養と働き&調理のポイント》


〈乳糖不耐の人でも安心な乳製品〉
○栄養成分としての働き
 とうふの製造過程でできるもので、豆乳(とうにゅう)、調整豆乳、豆乳飲料の3種類があります。豆乳は、原材料がダイズ、ダイズ固形分(製品から水分を除いた残りのダイズ成分の量)が8%以上のものです。調整豆乳は、ダイズ固形分が6%以上、植物油、糖、カルシウムなどの添加が認められているものです。豆乳飲料は、豆乳または調整豆乳を50%以上含むもので、乳糖不耐(にゅうとうふたい)の人でも安心して飲める乳製品です。
 栄養成分でいえば、ダイズの栄養成分を引き継いでいるのは豆乳ということになります。ダイズたんぱく質、ダイズオリゴ糖、イソフラボン、鉄が豊富です。ダイズたんぱく質には血中コレステロール値を下げる働きがありますし、イソフラボンにはがん発生の抑制効果があることが認められています。また、オリゴ糖は腸内細菌であるビフィズス菌の働きを活性化するので、腸内環境を健康にし、便通をよくします。
 ただ、豆乳はダイズの味が濃厚なので、慣れない人には飲みにくいかもしれません。はじめて飲む人は、調整豆乳や豆乳飲料から試すといいでしょう。スープやドレッシング、ケーキ、ゼリーなど料理に利用してみるのもおすすめです。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。食品は薬品ではありません。病気にかかったら、かならず医師の診察を受けてください。

世界大百科事典 第2版

とうにゅう【豆乳】
水に浸漬しんし)しておいたダイズを擦りつぶし,水を加えて煮た汁を布袋でこしとったろ過液。豆腐や湯葉の製造過程でできるもので,主成分のタンパク質,脂質などの含有率は牛乳とよく似ている。このため昔から保健飲料として認められていたが,ダイズ臭が敬遠されて普及しなかった。ところが,いわゆる〈健康食品〉志向のなかで,大手企業がダイズ臭を除いた調製豆乳を発売するに及んで人気を呼び,豆乳を原料としてアイスクリームプリン,ヨーグルト,チーズ様の食品が出現している。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

とうにゅう【豆乳】
水に漬けた大豆をすりつぶし、水を加えて煮立て漉した乳状の液。古くから牛乳・母乳の代用とされた。苦汁にがりで固めると豆腐ができる。まめのご。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

飲み物がわかる辞典

とうにゅう【豆乳】

大豆を水に浸しやわらかくしてすりつぶした、乳状の汁(豆汁())に水を加え、煮てこしたもの。豆腐の原料となる。植物性高たんぱく低カロリー食品で、そのまま飲用とするほか、健康志向から牛乳に代えて料理・菓子・飲み物などにも用いる。

出典:講談社
(C)Kodansha 2013.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

豆乳
とうにゅう
大豆を水につけて柔らかくしたあと、水を加えてどろどろにすり砕き、加熱して布袋で漉(こ)したミルク状のもの。豆腐製造の際の中間産物だが、タンパク質、ビタミンB1に富むので、栄養飲料としても用いられてきた。市販品には「豆乳」「調製豆乳」「豆乳飲料」の3種の表示がある。このうち、本来の豆乳は、丸大豆を使った「豆乳」の表示のものである。「調製豆乳」は、大豆タンパク質や粉末の加工大豆を用いたり、植物油や糖などを添加したもの。「豆乳飲料」は豆乳または調製豆乳が50%以上含まれているもので、果汁、コーヒーなどを混ぜたものである。そのまま飲料として飲むほか、味のついていない豆乳は牛乳のかわりに料理に用いたり、各種飲料、ヨーグルトやアイスクリーム、製菓原料などの加工原料に用いる。[河野友美・山口米子]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

とう‐にゅう【豆乳】
〘名〙 水につけてひき砕いた大豆に水を加えて煮た汁を、布袋でこした白濁液。栄養価が高く、古くから母乳や牛乳の代用としても用いた。豆腐は、これににがりを加えて固まらせたもの。まめのご。
※家庭雑誌‐大正四年(1915)一一月号・実行し易い安価生活〈額田豊〉「高価な牛乳と近来流行の豆乳とを比較して見ても」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

豆乳」の用語解説はコトバンクが提供しています。

豆乳の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.