Rakuten infoseek

辞書

谷頭侵食【こくとうしんしょく】

日本大百科全書(ニッポニカ)

谷頭侵食
こくとうしんしょく
谷の最上流部、すなわち谷頭で行われる侵食作用。頭部侵食、後退侵食ともいう。谷頭部では風化と重力に基づく崩壊によって壁斜面が上流側に後退し、それに伴って谷が上流側に延びていく。風化物質や崩壊物質はおもに布状流によって運び去られる。谷頭の後退は分水界の移動と流域の拡大をもたらす。谷頭侵食が活発に行われると隣接する流域を蚕食し、河川争奪がおこることもある。谷頭侵食は、既存の谷が上流に向かって働きかけるだけでなく、谷壁に新しく雨溝が発生した場合にもそこから上流に向けて谷を発達させる。関東地方東部の常総台地などにはこの種の支谷の谷頭侵食によって発達した無従谷がみられる。山茂美]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

谷頭侵食」の用語解説はコトバンクが提供しています。

谷頭侵食の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.