Rakuten infoseek

辞書

谷川浩司【たにがわこうじ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

谷川浩司
たにがわこうじ
[生]1962.4.6. 神戸
将棋棋士。 1973年若松政和門下となる。 82年8段。 83年,21歳で第 41期名人戦で加藤一二三名人を4勝2敗で破り,史上最年少名人となる。 84年9段。 97年羽生善治名人を破り,通算5期名人位。 17世永世名人資格を獲得。竜王戦で 90年度から2年連続,王位戦では 89年度から3年連続,棋聖棋王などのタイトルも獲得している。全日本プロ将棋トーナメントでは 1983年度から3年連続優勝。「光速の寄せ」と呼ばれる鋭い攻撃が身上終盤の粘りに強い。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たにがわ‐こうじ〔たにがはカウジ〕【谷川浩司】
[1962~ ]将棋棋士。兵庫の生まれ。中学生でプロ棋士となり、昭和58年(1983)加藤一二三(ひふみ)に勝利して史上最年少の名人となる。最短の手数で勝利する棋風は「光速の寄せ」「光速流」と呼ばれ、その後もタイトルを獲得。平成3年(1991)には竜王王位王将棋聖の4冠を同時に保持した。平成9年(1997)永世名人(17世名人)の資格を獲得。タイトル獲得27期は歴代4位。→18世名人森内俊之

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

谷川浩司 たにがわ-こうじ
1962- 昭和後期-平成時代の将棋棋士。
昭和37年4月6日生まれ。昭和48年若松政和に入門。51年4段,57年A級8段,59年9段。昭和58年史上最年少の21歳で名人となる。平成4年棋聖,王将,王位,竜王の四冠。通算で七大タイトル戦を制覇。9年通産5期めの名人位を獲得して「17世名人」の資格を得た。14年1000勝を達成して特別将棋栄誉賞を受賞。23年1200勝を達成。24年日本将棋連盟会長。スピード感あふれる棋風は「光速の寄せ」とよばれる。26年紫綬褒章。兵庫県出身。滝川高卒。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

谷川浩司」の用語解説はコトバンクが提供しています。

谷川浩司の関連情報

関連キーワード

新藤兼人森一生川島雄三コーマントリュフォーグレツキ埼玉西武ライオンズ野村芳太郎バディム久松静児

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.