Rakuten infoseek

辞書

【ザン】

デジタル大辞泉

ざん【×讒】
他人を陥れるために事実でない悪口を言うこと。讒言。「にあう」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざん【讒】[漢字項目]
[音]ザン(呉) [訓]そしる
告げ口をする。そしる。「讒言讒訴讒謗(ざんぼう)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ざん【讒】
事実をまげて、人をおとしいれること。讒言。 -にあって流罪となる

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ざん【讒】
〘名〙 事実でないことを言って他人をおとしいれること。また、そのことば。讒言(ざんげん)
※宇治拾遺(1221頃)一「おのれが金(こがね)『千両を負ひ給へり。其のわきまへしてこそ出で給はめ』といへば、この旅人ずんざども笑ひて、『あらじや、ざんなめり』といへば」
※集義和書(1676頃)一「罪なき人の、大功ありながら、讒にあひ給へるもいたはしくて」 〔荘子‐漁父〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざん‐・する【讒】
〘他サ変〙 ざん・す 〘他サ変〙 他をおとしいれるために事実でない悪口を言う。讒言する。
※観智院本三宝絵(984)中「その神のかしこきをみて公家に讒して、是は世を狂(たふら)かすあしき物なり。国のためにあしかるべしと申す」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よこし【讒】
〘名〙 (動詞「よこす(讒)」の連用形の名詞化) 事実をまげて人の悪口を言うこと。中傷すること。また、そのことば。讒言(ざんげん)
※万葉(8C後)一二・二八七一「人言の讒(よこし)を聞きて玉桙の道にも会はじと云へりし吾妹(わぎも)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

よこ・す【讒】
〘他サ四〙 事実をまげて人の悪口を言う。ないことをあるように告げ口する。中傷する。讒言(ざんげん)する。
※石山寺本金剛般若経集験記平安初期点(850頃)「真如(ヨコセ)る所は、此は是れ延命大吉なりといふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ざん‐・す【讒】
〘他サ変〙 ⇒ざんする(讒)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

讒の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.