Rakuten infoseek

辞書

讃岐典侍【さぬきのすけ】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

讃岐典侍
さぬきのすけ
平安時代後期の日記作者歌人の讃岐入道藤原顕綱の娘。本名長子。康和2 (1100) 年堀河天皇出仕し,翌年典侍 (てんじ) となる。以後,嘉承2 (07) 年天皇が崩御されるまで側近仕え,寵愛を受けた。同年 10月,白河上皇の懇請により5歳の新帝鳥羽天皇に仕え,即位式にはけん帳をつとめた。元永1 (18) 年精神障害をきたし,兄道経に預けられた。以後の消息は不明。『讃岐典侍日記』は堀河天皇の崩御の前後,および鳥羽天皇に仕えた1年余のことを記した回想記。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plus

讃岐典侍 さぬきのてんじ
1079?-? 平安時代後期の女官。
承暦(じょうりゃく)3年?生まれ。讃岐入道藤原顕綱の娘。康和2年堀河天皇につかえ3年典侍となる。のち鳥羽天皇にもつかえた。「讃岐典侍日記」には,堀河天皇死去前後の宮中のようすが記述されている。名は長子。

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

讃岐典侍 さぬきのすけ

出典:講談社
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

讃岐典侍」の用語解説はコトバンクが提供しています。

讃岐典侍の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.