Rakuten infoseek

辞書

護身【ゴシン】

デジタル大辞泉

ご‐しん【護身】
他から加えられる危険から身を守ること。「護身術」
護身法(ごしんぼう)」の略。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごしん【護身】
自分の身を守ること。危険から身を守ること。
「護身法」の略。 「山ごもりしたる禅師ぜじよびて、-せさす/蜻蛉

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐しん【護身】
〘名〙
① 他から危害を加えられないよう身を守ること。危険から身を守ること。
※三代格‐一八・大同五年(810)五月一一日「給国司以下、軍毅以上、護身兵士、守八人」
※彼女と少年(1917)〈徳田秋声〉二「柔道は護身のためでせう」
② 真言行者の身を守護して魔障を防ぐこと。護身法を行なうときに、真言行者が読経修法などに際し、それを成就させるため、心身を守護する印や真言を結ぶこと。また、真言行者がこれを行なって、他者を守護することにもいう。
蜻蛉(974頃)中「わざといとくるしければ、山ごもりしたる禅師よびて、ごしむせさす」
③ 護持僧のこと。玉体を加持祈祷して護る僧。
※玉葉‐仁安二年(1167)七月一七日「今日有着帯事、在憲朝臣来、有祓事、帯護身

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

護身」の用語解説はコトバンクが提供しています。

護身の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.