Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

護岸【ごがん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

護岸
ごがん
revetment
河岸,海岸の,水ぎわの浸食防止のために造られる工作物。法覆工 (のりふくこう) ,法止工,根固め工の3部分から構成される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ご‐がん【護岸】
水害を防ぐため、河岸・海岸を堤防などで保護・補強すること。また、その施設。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ごがん【護岸 revetment】
河岸や河川の堤防が流れによって崩壊するのを防いだり,あるいは海岸において波浪や高潮津波によって地盤や堤防が浸食されるのを防ぐため,地盤の表面や堤防の法面(のりめん)を覆って保護する構造物。河岸や海岸にあたる流れや波浪などの勢いを殺するため,護岸の基礎の前面水制を設けたり,コンクリートブロックや捨石を置き,これらの施設と一体となって護岸としての機能をもたせることもある。この場合,河川では護岸水制と呼び,海岸の場合は,波のエネルギーを減殺する目的で護岸の前面に置かれたコンクリートブロックや捨石を消波工と呼ぶ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

護岸
ごがん
revetment

河岸または海岸の現地盤をコンクリート、アスファルト、石材などで被覆して侵食から守り、河水、海水などが陸側へ浸入するのを防ぐ施設。河川では広い意味に用いるとき、岸から川の中へ突き出す水制という工作物をも護岸に含めることもあるが、一般的には河岸もしくは堤防を保護する施設をいう。

 河川護岸は法覆(のりふく)工、法留(のりどめ)工、根固(ねがた)め工の3部分からなる。法覆工は、流勢に応じて芝、蛇籠(じゃかご)、石、コンクリート、アスファルトなどによって法面を保護し、法留工は、杭(くい)、土台木、矢板などによって斜面の滑り出しを防ぎ、根固め工は、沈床(ちんしょう)、捨石(すていし)、蛇籠、枠工、コンクリート異形ブロックなどを用いる。

 海岸護岸では越波を防ぐため、波返しまたは胸壁をつけることが多く、法面の被覆もほとんどの場合コンクリートである。波による護岸基部の洗掘に対しては、捨石、消波ブロックなどを用いて根固め工を施す必要がある。護岸施設は古来から各地で用いられており、昔からの経験を生かした種々の工法がある。

[堀口孝男]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐がん【護岸】
〘名〙 海岸、河岸(かし)、または堤防の水流に沿った所を保護して洪水や高潮などの水害を防ぐこと。また、そのための施設。
※地方官会議日誌‐九・明治八年(1875)七月二日「護岸の工、以上水の地を侵するを防禦する者」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

護岸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

護岸の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.