Rakuten infoseek

辞書

譴責【ケンセキ】

デジタル大辞泉

けん‐せき【×譴責】
[名](スル)
しかり責めること。不正や過失などを厳しくとがめること。「不注意によるミスを譴責する」
懲戒処分のうち最も軽いもの。職務上の義務違反について警告し、将来を戒めること。現在、法令上では戒告という。「譴責処分」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けんせき【譴責】
( 名 ) スル
不正・過失・失敗などをとがめしかること。 「怠業のかどで-する」
きびしく責めること。責めうながすこと。督促。
「戒告」の旧称。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けん‐せき【譴責】
〘名〙
① 不正や過失をいましめること。しかりせめること。叱責
※続日本紀‐養老五年(721)二月甲午「王者政令不便事、天地譴責以示咎徴
※江戸繁昌記(1832‐36)五「一旦父親嗔怒猛て責せられ、単身門を出づ」 〔春秋左伝注‐成公一七年〕
② きびしくめること。責めうながすこと。督促
※東文書‐一・嘉禎四年(1238)一〇月一九日・六波羅裁許下知状「俄加譴責、不弁済者」
③ 現行の法令では戒告にあたる、公務員に対する懲戒手段。
※市制及町村制(明治二一年)(1888)町村制「其懲戒処分は譴責及過怠金とす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

譴責」の用語解説はコトバンクが提供しています。

譴責の関連情報

他サービスで検索

「譴責」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.