Rakuten infoseek

辞書

譲状【ゆずりじょう】

世界大百科事典 第2版

ゆずりじょう【譲状】
財産の処分により権利が移転したことを証明するため,譲渡者が作成して被譲渡者(相続人)に与える証文。一般には祖父母父母が子,などの直系卑属に譲渡する場合に作成する文書をいい,相続が単独相続制に移行する以前の社会的背景のもとで作成された。譲状に記載される譲渡対象は,一般に田畠家屋山林などの所領や所職,下人所従などのことが多く,動産の譲渡の際に譲状が作成されることはあまりなかった。譲状は平安時代,10世紀初めにあらわれるが,当初は上申文書である〈〉あるいは〈〉の様式を用い,譲渡行為に対する上級者の安堵を請うものであった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

譲状
ゆずりじょう
所領や資財を譲与するとき作成交付する証文。処分状ともいう。平安中期以降のものが存する。鎌倉幕府法では、子孫への譲与は親が悔い返しできる規定で、あとで作成した譲状は、以前の譲状の効力を否定した。これを当時「後判は前判を破る」といった。御家人(ごけにん)は譲状をもとに幕府から所領の安堵(あんど)状を別にもらったが、1303年(嘉元1)幕府は譲状の余白(外題(げだい))に直接安堵の文言を書く定めとした。これが外題安堵のある譲状である。鎌倉時代一般的であった分割譲与制は南北朝時代以後、長子単独相続制に変化したため、室町時代になると譲状は減少した。寺僧による房舎、聖教(しょうぎょう)などの譲状は、とくに付属状ともよぶ。[百瀬今朝雄]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆずり‐じょう ゆづりジャウ【譲状】
〘名〙
① 平安以後、特定の土地・財産などに対する権利を特定の人に譲り渡す旨を書きしるした証文。書式は必ずしも一定しないが、譲与の対象となる所領・所職、与える相手の名、日付、差出人の名と署判が必ず記入されていなければならない。譲証文譲文。処分状。
※江談抄(1111頃)一「町尻殿〈道兼〉所悩危急之時、有国令申云、書譲状所職於入道殿者」
② 遺言状。〔羅葡日辞書(1595)〕
※浮世草子・日本永代蔵(1688)四「町人も親にまふけためさせ、譲状(ユヅリジャウ)にて家督請取」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

譲状」の用語解説はコトバンクが提供しています。

譲状の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.