Rakuten infoseek

辞書

謝肉祭【しゃにくさい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

謝肉祭
しゃにくさい
カーニバル」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

しゃにく‐さい【謝肉祭】
カーニバル1」に同じ。 春》「遊楽の夜を蒸す翳(かげ)に―/蛇笏
[補説]作品名別項。→謝肉祭

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しゃにくさい【謝肉祭】[曲名]
原題、〈フランスCarnavalシューマンのピアノ曲集。全20曲。1833年から1835年にかけて作曲。「四つ音符による面白い情景」という副題をもつ。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラス

謝肉祭
ドイツの作曲家ロベルト・シューマンのピアノ曲集(1833-35)。原題《Carnaval》。全20曲。初期の代表作の一つとして知られる。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

謝肉祭
チェコの作曲家アントニン・ドヴォルザークの管弦楽曲(1891)。原題《Karneval》。『自然の中で』、『オセロ』とともに、演奏会用の序曲三部作『自然と人生と愛』を構成する。同曲が単独で演奏されることが多い。

出典:小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

しゃにくさい【謝肉祭】
謝肉祭(カーニバル)を描いた音楽作品。謝肉祭には戸外での陽気な仮装行列がつきもので,この仮装行列は19世紀ロマン派の作曲家たちの想像力を刺激し,いくつもの名曲が生まれた。R.シューマンはピアノ曲《謝肉祭,4個の音符上の小さな情景》(1835)と《ウィーンの謝肉祭騒ぎ》(1840)を作曲。とくに有名な前者では,愛人の住む土地の名前と作曲者自身の姓の綴りから抽出したA,S,C,Hの文字を音名に読みかえて音楽のモティーフを作り,このモティーフから《前口上》《オイゼビウス》《フロレスタン》《ショパン》《休息》《ペリシテ人と戦うダビド同盟の行進》など21の小曲を紡ぎ出す。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しゃにくさい【謝肉祭】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しゃにくさい【謝肉祭】
カトリック教国で、四旬節の前、3~8日間行われる祝祭。四旬節では肉食が禁じられたため、その前に肉食と告別する祭り。道化・滑稽のわざが許され、様々な仮面劇が行われる。元来は、古代ローマの農耕儀礼に起源をもつとされ、のちに中世ヨーロッパにおいてカトリック教会の非公式行事として定着した。カーニバル。カルナバル。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しゃにく‐さい【謝肉祭】
[1] 〘名〙 ローマカトリック教の諸国(フランス・スペイン・イタリア・ブラジルなど)で、四旬節(しじゅんせつ)に先立つ三~八日間に行なわれる民間の陽気な祝祭。四旬節には肉食を絶つので、その前ににぎやかに祝われ、道化・滑稽などが許されて仮装行列や山車(だし)などが盛大にくり出される。カーニバル。《季・春》
うたかたの記(1890)〈森鴎外〉中「明る年の一月、謝肉祭の頃なりき」
[2] (原題Carnaval) ピアノ曲。シューマン作曲。作品九。一八三五年作。仮装舞踏会の情景を描いた二一の小曲からなる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

謝肉祭」の用語解説はコトバンクが提供しています。

謝肉祭の関連情報

他サービスで検索

「謝肉祭」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.