Rakuten infoseek

辞書

【こう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典


こう
本来は仏教の講話を聞くために集る人々の集会を意味したが,やがて信仰とは無関係の同志的結社をも意味し,地縁的なと並んで,村落社会や都市の伝統社会における結合の単位として機能するようになった。その種類,性質は各時代を通じて多岐にわたる。機能のうえから宗教的なものと経済的なものとに大別できる。 (1) 宗教的な講 これはさらに次のように細分できる。 (a) 村落のそれぞれの村組で行われる山の神講,田の神講,庚申講,日待講,月待講など,民俗宗教を母体とするもの。 (b) 特定の神社仏閣に参拝するためのいわゆる代参講で,伊勢講,金比羅講,秋葉講,高野講,善光寺講など。 (c) 年齢集団や性別集団による子供講,天神講 (若者組) ,念仏講 (老人組) ,観音講など,村の観音堂や地蔵堂,あるいは講中の家を宿にして行われるもの。 (d) 広義の氏神を中心に氏子集団が行う宮座講など。 (2) 経済的な講 これも (a) 頼母子 (たのもし) 講,無尽講など金融を目的とするものと,(b) 大工や左官など職人の組織するものの2つに大別される。 (a) は古く鎌倉時代から発達し,買入れる物品別に畳無尽,箪笥 (たんす) 講などと呼ばれ,また何を出資するかによって金頼母子,麦講などと呼ばれた。講元が規約などを定めて講員をつのり,希望者は一口または数口を引受けて講員となる。毎回抽選または入札によって給付を受ける者を決め,全員が給付を受けると終了する。この講が発達して相互銀行となった。 (b) にはきこりなどの組織する山の神講,木地屋の親王講,大工の太子講などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

こう【講】
(カウ) 講じること。講義。
「化学の―を聞き」〈中村訳・西国立志編
(コウ)
経典の講義をする会。法華八講など。また、仏教の信者が集まり、仏の徳を賛美する法会(ほうえ)。
神社・仏閣への参詣や寄進などをする信者の団体。伊勢講富士講の類。
貯蓄や金の融通のために組織した相互扶助の団体。無尽講頼母子講(たのもしこう)の類。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう【講】[漢字項目]
[音]コウ(カウ)(漢) コウ(呉)
学習漢字]5年
(歴史的仮名遣いはカウ)
説き明かす。「講演講義講釈講読講評進講輪講
講義。「休講受講
習う。学ぶ。「講習講武
(「媾(こう)」と通用)和解する。「講和
(歴史的仮名遣いはコウ)
仏経を講じる法会。「講会(こうえ)
宗教の信者の集まり。「伊勢講
金融を目的とした団体。「無尽講
[名のり]つぐ・のり・みち

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

こう【講】
宗教上・経済上その他の目的のもとに集まった人々が結んだ社会集団。この講集団は機能の側面から宗教的講,経済的講,社会的講の3種に大別されるが,宗教と社会,宗教と経済,社会と経済とが併合しているもの,あるいは3機能を総合するものなどその形は多様で複雑である。 宗教的講は信仰上の目的を達成するために組織され,その性格により,原始的民族宗教に立脚した山の神講,地神講,水神講,田の神講,海神講,船霊講,日待講,月待講など自然信仰,精霊信仰を強調するもの,あるいは地域共同体鎮護の鎮守神や氏神をまつる神社の氏子や崇敬集団が結成する氏神講,鎮守講があり,地域の住民に大きな影響力を及ぼしている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

こう【講】
講ずること。講義すること。講義。
僧による仏典の講読や説法を中心とする仏事。法華八講・最勝講など。講会こうえ
僧や信徒が集まって行う各種の仏教儀式。涅槃ねはん講・地蔵講・報恩講など。
中世中頃以後、民衆のあいだで作られた仏事や神事を行うための結社。寺院・神社などを維持したり、集団参詣を行なった。近世になると、行楽を主目的として名山・霊場などへ集団参詣するためのものも生まれた。富士講・伊勢講など。
貯蓄・融資などのための相互扶助団体。頼母子たのもし講など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


こう
地域社会をおもな母体として、信仰、経済、職業上の目的を達成するために結ばれた集団。構成員を講中とか講員という。本来は仏典を講説するための僧尼の会合やその団体を意味していた。現在でもそうした仏教関係の講は行われているが、講の内容は非常に多様化している。それらを大別すると、(1)信仰的講、(2)経済的講、(3)職業的講になる。[佐々木勝]

信仰的講

同じ信仰をもつ者が結成している講で、寺社信仰に基づいた講と、伝統的な民俗信仰を基盤とした講とに分けることができる。前者は宗派や寺院、神社側が自らの教団を拡張するために組織した場合に多くみられ、信者の獲得や結束をその目的としている。浄土真宗の報恩講や日蓮(にちれん)宗の法華(ほっけ)講などがそれにあたる。仏教諸宗のなかでもとくに中世以後すさまじい勢いで一般民衆に浸透していった、いわゆる庶民仏教に特徴的にみられた組織づくりの手段であった。名刹(めいさつ)を対象とする永平寺講、善光寺講、成田(なりた)講などのようなものもある。また、熊野三山では平安時代の末期には御師(おし)の活躍があった。参詣(さんけい)の際に特定の僧の宿坊に泊まって祈祷(きとう)を依頼するほどのものだが、その御祈祷師を略して御師とよぶようになり、各地の信者と師檀関係をもつようになったのである。のちに伊勢(いせ)、賀茂(かも)、八坂(やさか)、北野社などでも御師制度が取り入れられた。彼らの主任務は宿泊の手配や御札の頒布だが、全国各地に代参講を結成させる原動力となった点は見逃せない。伊勢講はそのもっとも典型的なものといえる。そのほか、秋葉講、稲荷(いなり)講、金毘羅(こんぴら)講、津島講、榛名(はるな)講、富士講、古峯(ふるみね)講、三峯(みつみね)講など、それぞれの御利益(ごりやく)と結び付いて数えきれないほど存在している。そうしたなかには、大峰講や出羽(でわ)三山講、石鎚(いしづち)講のように山岳信仰から発展した修験道(しゅげんどう)の色彩の濃厚なものや、大社(たいしゃ)講や扶桑(ふそう)講のように教派神道系のものもある。
 以上のような寺社信仰に基づいた講を細分化すれば、仏教系統と神道系統の講になるが、いずれも信仰の対象は居住する村落外にあって代参講の方式をとっている。代参講は、信仰の対象である寺社に参詣するために講中から代参人をたてるものである。くじや輪番によって決まった代参人は、積み立てた講金を旅費や参拝料にあてて、講中の御札(おふだ)を受けてくるのである。したがって、こうした講は本質的には崇敬者の任意団体ということになるのだが、中世以来の伝統をもつ伊勢講や、地域社会の共通の利害と結び付く講などでは地域単位で参加している場合が多い。
 これに対して、民俗信仰を基盤にした講は村落内において営まれるのが普通である。山の神講や田の神講などは、それを保持する地域社会の諸条件に対応してさまざまな形態を生み出してはいるものの、村落などの一定地域全体が一つの単位となって形成されている場合が多いのである。そうした所では、山の神講や田の神講の講日が同時に村寄合(よりあい)の日ともなっていることが多い。山の神講はたいてい春秋二季に行われる。あらかじめ決められている当番の家に集まって、山の神の祭場に参拝したり、掛軸を拝したりしてから共同飲食をする。一方、田の神講は田植時や収穫時に同様の集まりをもつ。田植前に行う所では御籠(おこも)りをすることもある。いずれも作業の安全や五穀豊穣(ほうじょう)を願うのが主旨である。同じようなものに、社日(しゃにち)講、日待(ひまち)講などがある。また、特定の御利益を目的としたものに、子安(こやす)講や観音講や地蔵講、さらには念仏講などがある。これらはその目的が限られているので、講員もおのずと限定されることになり、村落内でも婦人層で構成されている。しかも、子安講は若年層、念仏講は老年層というように年齢によって支持される講が異なることもある。子供によって営まれる天神講などは顕著である。正月の25日に年長の子供の家を宿にして集まり、習字などをしたあとで五目飯をこしらえて食べ合う。天神様が学問の神様ということから子供と結び付いたものだろうが、房総あたりでは男天神・女天神として性別によっているものまである。
 民俗信仰に基づく講をあげてきたのだが、これらを特定の神霊を意識した講だとすれば、庚申(こうしん)講や十九夜(じゅうくや)講・二十三夜講は特定の日時を意識した講といえる。庚申講は干支(かんし)の庚申(かのえさる)の日に身を清めて集まり、掛軸を拝して般若心経(はんにゃしんぎょう)を唱えてから、世間話などをして夜を徹する講である。各地に「話は庚申の晩に」という語が残っているほどである。十九夜講も二十三夜講も月待(つきまち)の一種であるが、現在は女性を中心とした講になっている。庚申講にしても月待の講にしても、もとは御籠りを目的とした講というが、この種のものはしだいに家ごとの祭りになりつつある。旧暦11月23日の大師(だいし)講は、講とよばれてはいるものの家ごとの祭りである。元来は神の御子(みこ)を迎え祀(まつ)るという意味合いのものだったようだが、集団で祀るという事例はいまのところ皆無である。[佐々木勝]

経済的講

経済上の相互扶助を目的としたもので、物品や金銭そして労力の融通の必要によって結成された講である。これももとは寺院内部の金融講から発展したといわれており、信仰的講の副次的なものだったようである。現状から頼母子(たのもし)講や無尽(むじん)講など金品を中心とした金融講と、労働力を中心とする労働講に分けられる。頼母子講とか無尽講などの金融講は通常、親とよばれる発起人を中心に形成される。一定の口数を決めてそれに応じて掛け金を集め、くじや入れ札による順序に従って金品を受け取るのである。講中に行き渡れば満了となって解散する。金銭の場合には金(かね)頼母子といい、物品の場合には対象となるものに応じて、萱(かや)頼母子とか畳無尽、米講、籾(もみ)頼母子、布団(ふとん)頼母子、牛頼母子、箪笥(たんす)頼母子などとよばれた。労働講にはモヤイ講、ユイ講などがある。モヤイには共同とか共有とかの意味合いが強く、共同作業の必要に応じて親しい者同士が組むといったものである。労力の貸し借りを目的とした集まりではない。これに対して、ユイは労働力の交換が原則である。だから対等な交換でない場合には物品などで補うことになる。屋根替えや田植、収穫などどうしても共同の力に頼らなくてはならない場合に広く行われる。隣近所や組など地縁的な家同士の結合である。[佐々木勝]

職業的講

職業集団によって組織される講で同業組合的な要素が強い。山の神講は、農民によって営まれるものと、山仕事に携わる人々によって営まれるものとの2種がある。信仰的講で取り上げたのは前者である。後者の山の神講は、炭焼き、猟師、木樵(きこり)などの山稼ぎをする者だけに限られたものである。講日はさまざまだが、この日はかならず仕事を休むという共通点がある。山の神の像を掛けて、尾頭(おかしら)付きの魚や赤飯などを供えて祀る。太子講は大工、左官、屋根屋、鍛冶(かじ)屋、桶(おけ)屋などの職人によって営まれる、1月と8月の日待講である。そのほか、馬子(まご)で組織される(馬頭)観音(かんのん)講、牛方による大日(だいにち)講、北関東の狩猟者による諏訪(すわ)講、商人による夷(えびす)講などがよく知られる。[佐々木勝]
『柳田国男編『山村生活の研究』(1938/復刻版1975・国書刊行会) ▽桜井徳太郎著『講集団成立過程の研究』(1962・吉川弘文館)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こう【講】
〘名〙
[一] (カウ) 講ずること。のべること。また、その講じたもの。講義。講釈。特に儒教の講義の会。
※宇津保(970‐999頃)国譲下「御前のかうぞ、いとになくつかうまつりき」
[二] (コウ)
① 仏教の信者が集まり仏の徳を賛美する法会(ほうえ)。また、経典の講義や論議をする会。法華経を講ずる法華八講をはじめ種々のものがある。講会(こうえ)
※続日本紀‐天平宝字元年(757)閏八月壬戌「始闢勝筵、至於内大臣忌辰、終講了」
※百座法談(1110)三月二七日「千日の講は功徳をとることには候はねど」
② 神社、仏閣への参詣や奉加、寄進などをする目的でつくられた信者の団体。伊勢講、稲荷講、大師講などの類。講中。講社。
※俳諧・千代見草(1692)「講立て鹿聞に寄淋し好」
③ (②から転じて) ある娯楽をしたり親睦のために同好者が集まった寄り合い。同好会。クラブ。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※咄本・軽口露がはなし(1691)四「常に中よき友立(ともだち)千人斗(ばかり)、講(カウ)をむすびてさいさい参会せし。名をうそ講(カウ)と付(つけ)たり」
④ 金の融通や貯蓄などの目的で組織した一種の相互扶助の団体。頼母子(たのもし)講、恵比須(えびす)講、無尽講など。
※浮世草子・傾城色三味線(1701)江戸「おなじ心の友打寄て講(カウ)をとりむすび」
[補注]歴史的かなづかいについては、「色葉字類抄」の仏語などに「カウ」とあるところから、漢音、呉音ともに「カウ」であるともされるが、本書では、漢音「カウ」、呉音「コウ」とする従来の説に従った。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう・じる カウじる【講】
〘他ザ上一〙 (サ変動詞「こうずる(講)」の上一段化したもの) =こうずる(講)
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉二「その善後策を講じるために」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐・ず カウ‥【講】
〘他サ変〙 ⇒こうずる(講)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こう‐・ずる カウ‥【講】
〘他サ変〙 かう・ず 〘他サ変〙
① 書物、学説などの意味を説く。講義する。
※観智院本三宝絵(984)下「国王此経を講すれは王つねに楽しひをうけ民又くるしひなし」
② 詩や歌の会で、詩歌をよみあげる。披講(ひこう)する。
※宇津保(970‐999頃)楼上下「文かうじ侍しよりも、声の出づるかぎり、昔の詩ども誦じて侍しなどは、すべて涙とどめられずこそ侍しか」
③ 問題に対処すべき対策や方法、手段などを考えてくふうする。また、対策をいろいろと練って問題に当たる。
当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉一七「手段を講(カウ)じて、なるべく失敗を避るやうにし」
④ (「媾(コウ)」とも書く) 和解する。講和する。
※造化妙々奇談(1879‐80)〈宮崎柳条〉一「敵人其力争す可からざるを知り、佯(いつわ)りて和を媾(カウ)じ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

講の関連情報

他サービスで検索

「講」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.