Rakuten infoseek

辞書

諸芸【ショゲイ】

デジタル大辞泉

しょ‐げい【諸芸】
いろいろの芸道。「諸芸に秀でる」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

諸芸
日本の伝統芸術の中には、宗教的な思想と深く結びついたものや、伝統的な作法に基づいて行われるものなど、様々なものがあります。また、日本の生活様式や、時代背景に深く影響を受け、何百年もの伝統と技術を現在まで継承しているものばかりです。日本古来から続いているものや、仏教伝来と共に大陸から伝わったものが発展・融合ししたものまでその個性は様々です。このいろは事典では、諸芸を「い」特徴、「ろ」起源・歴史、「は」礼儀・作法など、という内容でご紹介しています。

出典:シナジーマーティング(株)

精選版 日本国語大辞典

しょ‐げい【諸芸】
〘名〙 いろいろな芸道。種々の技芸。
※性霊集‐一〇(1079)綜芸種智院式「或有人難曰、国家広開庠序、勧励諸芸
※浮世草子・日本永代蔵(1688)五「銘々家業を外になして、諸芸(ショゲイ)ふかく好める事なかれ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諸芸」の用語解説はコトバンクが提供しています。

諸芸の関連情報

他サービスで検索

「諸芸」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.