Rakuten infoseek

辞書

諸侯【ショコウ】

デジタル大辞泉

しょ‐こう【諸侯】
近世、諸大名をいう。→大名
古代中国で、天子から封土を受け、その封土内の人民を支配していた人。
封建時代ヨーロッパで、一定の支配地と臣下をもった領主階級。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

しょこう【諸侯】
中世末期から近世にかけて、諸大名をいう語。
古代中国で、天子から封土を受け、その封土内を支配した君主。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しょ‐こう【諸侯】
〘名〙
① 古代中国で、天子から封土を受け、その封土内の人民を支配していた人。
※菅家文草(900頃)四・小知章「述曰、宋栄忘有、禦寇得仙、大智也。五等殊方、諸侯就事、小智也」
※太平記(14C後)二八「漢王此諫に付て、即諸侯に約し、三百余万騎の勢にて、項王を追懸給ふ」 〔易経‐上経比〕
② 中世末期から近世にかけて、諸大名をいう。
※柳沢文書‐(元亀四年)(1573)七月二四日・足利義昭御内書「諸侯之者共織田かたより依調略、企逆意

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

旺文社世界史事典 三訂版

諸侯
しょこう
①周代,王から封土を分与された一族功臣
②中世封建社会で,王と主従関係を結んだ領主階層
世襲の支配者として土地と農民を支配し,王に対しては貢納と軍役の義務を負った。公・侯・伯・子・男の5つの爵位に分けられた。
封土を媒介として王に対して奉仕・軍役を行うが,血縁関係を基礎とする中国に対し,契約としての側面が強い。諸侯は,一般に中小貴族家臣にもつ大貴族をさすが,貴族全体を意味することもある。

出典:旺文社世界史事典 三訂版
執筆者一覧(50音順)
小豆畑和之 石井栄二 今泉博 仮屋園巌 津野田興一 三木健詞
 
Copyright Obunsha Co.,Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諸侯」の用語解説はコトバンクが提供しています。

諸侯の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.