Rakuten infoseek

辞書

【イミナ】

デジタル大辞泉

いみ‐な【×諱】
生前の実名。生前には口にすることをはばかった。
人の死後にその人を尊んで贈る称号。諡(おくりな)。
1の意を誤って》実名敬称貴人の名から1字もらうときなどにいう。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

いみな【諱 huì】
中国や日本などで,生前の実名をいう。死後,実名を忌んで口にしない風習より生じた。秦代に始まるとするのが郭沫若の説。のち転じて生存中の名も忌むようになる。名を諱と称する例は漢代からあり,日本でも貴人を敬うときに認められる。諱は,皇帝にかかわる国諱(こくき)についてとくに厳格だが,六朝時代には家諱(かき)の風が流行し,嫌名(けんめい)(似た名の避諱)にまで及んだ。避諱のために,一般には代字を用い,ときに欠字欠画などを行う。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

いみな【諱】
〔「忌み名」の意〕
生前の徳行によって死後に贈る称号。諡おくりな
身分の高い人の実名。生存中は呼ぶことをはばかった。 「御-の字を犯して敵を欺き/太平記 7

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)


いみな
忌み名の意であり、人の死後その実名をいうことを忌むのでそれを諱といった。死後につける(おくりな)のこともいった。貴人の諱はやたらに口にすべきものではないとされている。諱については中国の風習がいろいろと移入されている。男の諱は漢字の二字にするなどがそれであった。しかしわが国の諱は中国とは違った慣習が行われていた。家や氏によって決まった一字をつけるなどがそれであり、平家の盛、源氏の義の字をつけることがよく知られている。また輩行によって太郎、二郎、三郎と年の順序によって命名することは今日も一般に行われている。武家社会では主君の諱の一字を臣下に与える風習があった。[大藤時彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ただ‐の‐みな【諱】
連語〙 御実名。
※書紀(720)神武即位前(熱田本訓)「神日本磐余彦の天皇、諱(タタノミナ)は彦火火出見」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

諱の関連情報

他サービスで検索

「諱」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.