Rakuten infoseek

辞書

諦観【タイカン】

デジタル大辞泉

たい‐かん〔‐クワン〕【諦観】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てい‐かん〔‐クワン〕【諦観】
[名](スル)
本質をはっきりと見きわめること。諦視。「世の推移を諦観する」
あきらめ、悟って超然とすること。「諦観の境地」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ていかん【諦観】
( 名 ) スル
全体を見通して、事の本質を見きわめること。 「時代を-する」
悟りあきらめること。超然とした態度をとること。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

諦観
たいかん
(?―971)
朝鮮高麗(こうらい)出身の天台宗の僧。唐末五代の戦乱で中国の仏教典籍は散逸したが、江南の呉越(ごえつ)王銭弘俶(せんこうしゅく)(在位948~978)の請いにより、961年高麗王は天台典籍を諦観に持たせて呉越に派遣した。その地で諦観は中国天台宗復興の基を築いた天台十二祖義寂(ぎじゃく)の弟子となり、天台教判の要略書として著名な『天台四教儀(しきょうぎ)』を著したとされるが、詳伝は不明。この書は、天台教学の入門書として中国でも多くの注釈書が編述されたばかりでなく、江戸中期以後の日本仏教でも盛んに講述され、「四教儀流伝して台宗昧(くら)し」とされても、江戸末期以後現在に至るまで各宗で用いられる。[塩入良道]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たい‐かん ‥クヮン【諦観】
〘名〙 (「たい」は「」の呉音) 対象をはっきり明確にずること。本質を明らかに見極めること。ていかん。
正法眼蔵(1231‐53)身心学道「尽十方なりと諦観し決定するなり」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

てい‐かん ‥クヮン【諦観】
〘名〙
① 入念によく見ること。くわしく見ること。たいかん。
※山陽遺稿(1841)七「余則再遊不期。将復溯之以諦観之
② 本質をはっきり見きわめること。悟り。たいかん。
※ダダイスト新吉の詩(1923)〈高橋新吉〉断言はダダイスト「仏陀の諦観から、一切は一切だと云ふ言草が出る」
③ 事態を察してあきらめること。また、そのあきらめの心境。
※エラスミスムについて(1948)〈渡辺一夫〉「言いようもない焦慮とともに一種の諦観を抱くのである」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

諦観」の用語解説はコトバンクが提供しています。

諦観の関連情報

他サービスで検索

「諦観」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.