Rakuten infoseek

辞書

調【ちょう】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

調
ちょう
key
一定の音を主音として整えられた音楽的秩序をいう。西洋音楽では,実際には「調性」という言葉とほとんど同一視されている。西洋音楽は,17~18世紀からいわゆる調性の時代に入った。したがって調は西洋音楽の歴史にきわめて重要な意味をもっている。主音と3度音の間隔が長3度であるか短3度であるかによって,あるいは主和音が長3和音か短3和音であるかによって長調と短調に分れ,それぞれ 12平均律の各音を主音とする 24種の調が存在する。それらは普通,譜表の冒頭におかれた調号もしくは調子記号によって示される。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ちょう〔テウ〕【調】
律令制下の基本的物納租税の一。大化の改新では田の面積および戸単位に、大宝律令では人頭税として課せられ、諸国の産物(絹・綿・海産物など)を納めたもの。庸(よう)とともに都に運ばれ国家の財源となった。みつぎ。→租(そ)
西洋音楽で、楽曲の旋律や和声を秩序づけている、ある主音主和音を中心に組み立てられた音の体系。用いられる音階長音階短音階かによって長調短調に分けられ、おのおのの調はその主音の名をとってハ長調・イ短調のようによばれる。
日本の雅楽で、主音の音高を表す。黄鐘(おうしき)調壱越(いちこつ)調など。
双六(すごろく)で、二つの采(さい)に同じ目が出ること。
(接尾語的に用いて)調子のこと。「七五調」「浪曲調」「ピカソ調

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう【調】[漢字項目]
[音]チョウ(テウ)(漢) [訓]しらべる ととのう ととのえる みつぎ
学習漢字]3年
全体にわたってつりあいがとれる。つりあいをとる。「調停調和協調
手を加えてほどよくする。ととのえる。「調教調整調製調達調髪調味調理調律新調
物事の進行するぐあい。「調子快調好調順調単調同調不調歩調
音楽や文章などの趣。「調子哀調音調格調基調強調曲調口調(くちょう)低調乱調論調
音楽で、音階の性質。「調性短調長調
とりしらべる。「調査調書
昔の税制の一。みつぎ。「調布租庸調
[名のり]しげ・つき・なり

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つき【調】
古代の税のこと。みつぎもの。
「汝は浮浪人(うかれびと)なり。何ぞ―をいださざる」〈霊異記・下〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

防府市歴史用語集

調
 律令[りつりょう]時代の税の1つで、絹[きぬ]や糸など地方の産物を毎年一定の量ほど納めさせました。

出典:ほうふWeb歴史館
Copyright 2002,Hofu Virtual Site Museum,Japan
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ちょう【調】

[中国]
 古代・中世の税目。漢代以来軍費の調達,徴発に関し〈調〉字が用いられており,204年(建安9)曹操の令によって,戸ごとに絹2匹,綿(まわた)2斤を出させて以来,晋・南朝を通じ戸調が税制の中核となった。北魏の均田法発布以降,丁男・丁妻対象に定額の布帛を調として課し,唐制では丁男1人当り絹2丈もしくは麻布2丈5尺(ともに幅は1尺8寸)と定められ,なお絹には綿(まわた)3両,布には麻糸3斤を併徴した。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

ちょう【調】
本来は中国の音楽理論用語。日本でもこれに準じて用いられ,洋楽のkey等の訳語としても用いられる。
[中国]
 広義には音階を含めた音組織全体や〈腔調〉のように旋律型までも意味するが,狭義には音階の種類の意味に使われる。五声七声の各構成音のすべてを主音として5種,7種の調が作られ,その主音の名をとって宮調,商調などと呼ぶ。各音階の主音に絶対音高である十二律の各律をあてると,5音音階なら60調,7音音階なら84調が得られる。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

しらべ【調】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

みつき【調】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ちょう【調】
律令制の租税の一。大化の改新の際、田の調と戸ごとの調を定めたが、大宝令・養老令では唐制にならって男子のみに負担を限り、絹・絁あしぎぬ・糸・綿・鉄・魚介類など諸国の産物を中央に納めさせた。九~一〇世紀に崩壊。みつぎ。
絶対音高をもつ主音を中心として一定の機能を備えた諸音の体系を指す用語。代表的なものとしては西洋音楽の調体系や、中国音楽の宮・商・角・徴・羽などの五声や七声を主音とする体系がある。しばしば旋法と混同して用いられる。
音階の主音の高さを指定する用語。 「ハ-からト-へ転調する」
名詞の下に付いて、そのようなリズム・スタイル・雰囲気であることを表す。 「七五-」 「万葉-」 「ロック-の音楽」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つき【調】
貢納された物。 「万よろず-奉るつかさ/万葉集 4122
税。租や調の総称。 → みつぎ(貢)

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しら・ぶ【調】
〘他バ下二〙 ⇒しらべる(調)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しらべ【調】
〘名〙 (動詞「しらべる(調)」の連用形の名詞化)
[一] 調子をととのえること。音楽を奏すること。また、その調子や節まわし。
① 音楽をかなでること。演奏。また、その音色。
※宇津保(970‐999頃)内侍督「このしらべの手を、とどめ給ふ手なくあそばせ」
※増鏡(1368‐76頃)一三「春日の御榊、うつし殿におはしますころにて、糸竹(しちく)のしらべは折あしければ」
② 音律。楽曲。曲。また、その音色の調子。
※古今(905‐914)物名・四五六「浪の音のけさからことにきこゆるは春のしらべやあらたまるらん〈安倍清行〉」
③ 音楽・詩歌の表現を通して感じられる情緒や調子。
※にひまなび(1765)「古への歌は調を専とせり。〈略〉おのがじし得たるまにまになる物の、つらぬくに、高く直き心をもてす」
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「当時俳諧哥の調(シラベ)一面に行はれるから」
④ 「しらべ(調)の緒」の略。
※義経記(室町中か)五「紫檀の胴に羊の革にて張りたりける啄木(たくぼく)のしらべの鼓を賜はりて」
⑤ 馬鹿囃子で、小太鼓をいう。
※自由学校(1950)〈獅子文六〉不同調「堀君のトンビ(笛)だって、悠長を極めたものでしたな。早間になるといつも、笛がシラベを追っ掛けてくる…」
[二] 物事をはっきりさせるために調査したり、糾明したりすること。
① 物事を明らかにするためにいろいろ見聞きして確かめること。調査。研究。
※大つごもり(1894)〈樋口一葉〉上「お使ひ先の一寸の間とても時計を目当にして幾足幾町と其しらべの苦るしさ」
② 理非曲直をただすこと。尋問。吟味。糺問。詮議。
※御伽草子・若草物語(室町時代物語大成所収)(室町末)「いかなる御しらへやらんと、いのちいきてかへらんこともありがたし」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しら・べる【調】
〘他バ下一〙 しら・ぶ 〘他バ下二〙
[一] 調子を整える。
① 楽器の音律を合わせ整える。調律する。整律する。
※漢書楊雄伝天暦二年点(948)「穆羽、和合すること、虁牙が琴を調(シラヘ)たるがごとし」
※源氏(1001‐14頃)若菜下「しらべ果てて、をかしきほどに掻きあはせばかり弾きて、まゐらせ給ひつ」
② 楽器で音楽を演奏する。かなでる。
※蜻蛉(974頃)下「箏(さうのこと)・琵琶など、折にあひたるこゑにしらべなどして」
※方丈記(1212)「ひとりしらべ、ひとり詠じて、みづから情(こころ)をやしなふばかりなり」
③ 調子にのる。調子づく。
※枕(10C終)二八「わづかに聞きえたる事をば、我もとより知りたる事のやうに、こと人にも語りしらぶるもいとにくし」
[二] 物事をはっきりさせるためにあれこれ見聞きする。
① 必要な知識を得ようとしてあれこれ見聞きする。調査する。研究する。
※当風連歌秘事(1542)「夫連歌は、行やうの先達好士と云は百韵の行様に輪廻のなき事を何れの好士もしらべ侍る也」
② 不都合の点がないかどうか見てまわる。点検する。検査する。
※梅津政景日記‐慶長一七年(1612)三月一二日「流役持候間、先々道具を候」
※政談(1727頃)二「出掛て衣服をしらぶるに、袴のくくり緒なし」
③ 理非曲直をはっきりさせるために、あれこれと問いただす。とりしらべる。糾問する。詮議する。
※浄瑠璃・心中宵庚申(1722)下「コレ嚊(かか)。それは誰もしった事。今さらしらべる事かいの」
[三] 味わう。賞味する。
① 遊女を買う。
※歌舞伎・男伊達初買曾我(1753)三「虎といふ遊女は兼て承知して居る。どうぞ下直(げじき)に調べたい」
② 食う。食べる。
※洒落本・箱まくら(1822)中「どなたもおしらべんか、御先へ(トしらべてゐるうち、煎海鼠(いりこ)を挟みあげて)、ヲヲこわ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しら・む【調】
〘他マ下二〙
① =しらべる(調)(一)①
※白氏文集天永四年点(1113)三「長く爾が輩をして宮徴を調(シラメ)しむ」
※苔の衣(1271頃)二「我も琵琶などその調子にしらめたまふ」
② =しらべる(調)(一)②
※宇津保(970‐999頃)国譲下「中納言、山もりめしてしらめさせ給ふ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しらめ【調】
〘名〙 (動詞「しらむ(調)」の連用形の名詞化) =しらべ(調)(一)②
梁塵秘抄(1179頃)二「やまのしらめはさくら人、うみのしらめはなみのおと」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう テウ【調】
[1] 〘名〙
① 令制で、租税の一つ。男子に賦課される人頭税。絹・絁(あしぎぬ)・糸・綿・布のうちの一種を納めた。また、鉄・鍬・塩などの産物を納めてもよかった。負担額は年齢により差があり、正丁に対し、少丁は四分の一、次丁は二分の一となっていた。正丁はそのほか、調の副え物を納めたが養老元年(七一七)に廃止された。庸と同じく、調は中央へ貢進され、その運搬も納税者である百姓の義務であった。みつぎ。〔令義解(718)〕
② 日本や中国の音楽で用いる語。
(イ) 使用される音を、主音の音高によって整理したもの。壱越(いちこつ)調、盤渉(ばんしき)調などの調子。また、中国音楽における宮調・商調などの調子。〔西宮記(969頃)〕
(ロ) 調弦法のこと。楽琵琶の風香調・啄木(たくぼく)調など。
※吉野吉水院楽書(1239‐1336頃)「琵琶の調は、調子調子に可弾様、風香調は はなやかにけだかく」
③ (key Tonart の訳語) 西洋音楽で、音を整理し秩序づけるもとになる音の組織、調子。長調と短調に大別され、それぞれの主音によりハ長調、ト短調などの区別が生じる。
※詩辨(1891)〈内田魯庵〉「音(サウンド)の研究を為して調(テウ)の進歩を計るは音楽家にして」
④ 双六で、二つの采に同じ目が出ること。不同なものは半という。→丁(ちょう)
※枕(10C終)三一「てうばみに、てうおほくうちいでたる」
⑤ 調子の意。
(イ) 語調。口調。
※露団々(1889)〈幸田露伴〉九「嗚呼大声俚耳にいらず、其調(テウ)愈々高くして和する者愈少しとは韓娥が雍門に嘆した所以だ」
(ロ) 色調。
※心頭語(1900‐01)〈森鴎外〉「この赤色には濃淡あり。又次第にその調(テウ)を変ず」
(ハ) 精神的な状況。
※われから(1896)〈樋口一葉〉一〇「好みの曲を奏でるに、我れと我が調(テウ)哀れに成りて」
⑥ 事件や混乱を調停したり整えたりすること。
※近世紀聞(1875‐81)〈条野有人〉初「這回(このたび)の事件を渠に託し箇様々々に議らはせなば、其調(テウ)不調は期し難けれども」
[2] 〘語素〙 (名詞に付いて)
① 詩歌における音数によるリズムを示す。「五七調」など。
② 表現されるものの形式、特徴などがその範疇にはいることを示す。
(イ) ことばや文章についていう。「浪曲調」「翻訳調」など。
(ロ) 作品についていう。「万葉調」「ゴシック調」など。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ちょう‐・ず テウ‥【調】
〘他サ変〙
① とりしらべる。吟味する。調査する。
② ととのえる。こしらえる。つくる。調達する。調製する。
※後撰(951‐953頃)離別・一三二四・詞書みちのくにへまかりける人に扇てうじて歌絵にかかせ侍りける」
③ 料理する。調理する。
※源氏(1001‐14頃)常夏「西河よりたてまつれる鮎、ちかき河のいしぶしやうのもの、御前にててうしてまゐらす」
④ 神仏の力によって、悪魔などを取り除く。邪気などを祈り伏せる。調伏(ちょうぶく)する。
※枕(10C終)二五「験者の物のけてうずとて〈略〉、せみの声しぼりいだして誦みゐたれど」
⑤ 悪事などをはたらいた者を、きびしく戒める。懲らしめる。懲ず。
※竹取(9C末‐10C初)「くらもちの皇子、血の流るるまで調せさせ給ふ」
⑥ からかう。ばかにする。嘲す。
⑦ 人や動物などを訓練する。調練する。
随筆・孔雀楼筆記(1768)二「暁を侵して門外へ出て馬を調(テウ)す」
[補注]⑤の「竹取」例は、尊経閣本には「ちゃうせさせ」とあるので、「打ず」とも見られる。中世以前では、「ちゃう」「てう」に発音上開合の別があるので、本辞典では「尊経閣本竹取」の例は「打ず」とした。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

つき【調】
〘名〙 年貢(ねんぐ)。貢物。みつぎもの。
※書紀(720)天武六年一一月(北野本訓)「因て郡の内の百姓に給復(ツキゆる)したまふこと、一年」
※万葉(8C後)二〇・四三六〇「四方の国より 奉る み都奇(ツキ)の船は 堀江より 水脈引(みをび)きしつつ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

調」の用語解説はコトバンクが提供しています。

調の関連情報

他サービスで検索

「調」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.