Rakuten infoseek

辞書

【カ】

デジタル大辞泉

か〔クワ〕【課】
事務機構の小区分。多く局・部の下にあり、係の上にある。「人事異動でが変わる」「資材
教科書などの内容のひと区切り。単元より小さい単位。「前のを復習する」「第一

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か【課】[漢字項目]
[音](クヮ)(呉)(漢)
学習漢字]4年
仕事・勉強・税などを義務として割り当てる。「課業課税課題課徴金公課賦課
割り当てられた仕事や勉強。「課外課程課目学課正課日課放課後
官庁や会社の事務の一区分。「課長/庶務課」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

か【課】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

か【課】
役所や会社などの組織上の小区分。普通、局・部より下で係より上。
教科書などの一区切り。章。 「来週から次の-に入る」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

クヮ【課】
〘名〙
① 割り当てられた仕事、負担、租税。
※続日本紀‐霊亀二年(716)四月乙丑「務為欺謾、以邀其課」 〔旧唐書‐職官志〕
② 令制で、官吏の登用試験をすること。→課試(かし)
※令集解(868)考課「釈云。考。考校。課。課試也。言年終功過考校。并芸業伎能課試。有数也」
③ 官庁、会社などにおける事務分担の小区分。局、部より下で係より上。「人事課」など、接尾語的にも用いる。
※浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「官等に些(ち)とばかりに高下は有るとも同じ一課の局員で」
④ 教科書などの一区切り。「第一課」など、接尾語的にも用いる。
※小学読本(1884)〈若林虎三郎〉一「余は此の課を以て此の本を終はらんとす」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か‐・す クヮ‥【課】
〘他サ変〙 ⇒かする(課)

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

か‐・する クヮ‥【課】
〘他サ変〙 くゎ・す 〘他サ変〙 仕事や責任、または税など負担になることを負わせる。仕事などを言い付ける。
※史記抄(1477)一六「功令と云は、学者の殿最を課したる功の第をかきつけたものぞ」
※日本国憲法(1946)八四条「あらたに租税を課し」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

課の関連情報

他サービスで検索

「課」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.