Rakuten infoseek

辞書

読書運動【どくしょうんどう】

図書館情報学用語辞典

読書運動
読書の普及を目的とした運動.主として教育文化団体,地方自治体,図書館や社会教育機関,出版団体などが,読書週間の設定,ポスターの作成や標語の公募,講演会や展示会の開催,読書感想文コンクールなどを通じて行っている.日本では「読書週間」のほか,1950年代から1960年代にかけての地方における不読者層を対象とした読書普及運動,1960年代初めに鹿児島県立図書館館長であった椋鳩十(本名:久保田彦穂)によってはじめられた「母と子の20分間読書運動」,1960年代後半からの子どもを対象とした親子読書運動,文庫活動などの事例がある.最近では,朝の読書と呼ばれる小中高校での読書推進運動が実施されている.

出典:図書館情報学用語辞典 第4版
©All Rights Reserved, Copyright Nihon Toshokan Joho Gakkai, 2013 編者:日本図書館情報学会用語辞典編集委員会 編
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

読書運動」の用語解説はコトバンクが提供しています。

読書運動の関連情報

他サービスで検索

「読書運動」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.