Rakuten infoseek

辞書

語調【ゴチョウ】

デジタル大辞泉

ご‐ちょう〔‐テウ〕【語調】
話すときの言葉の調子。言葉つき。「語調を和らげる」
話すときの声の高さの変動。イントネーション。まアクセント

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごちょう【語調】
言葉を口に出す時の調子。また、文章の調子。 「激しい-で非難する」 「 -を整える」
話す時の抑揚。イントネーション。また、アクセント。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

かたり‐しら・ぶ【語調】
〘他バ下二〙 図に乗ってふちょうする。調子に乗ってしゃべる。一説に、つじつまを合わせて語る。また、繰り返して語る、受け売りする等の意ともいう。
※枕(10C終)二八「わづに聞きえたることをば、我もとよりしりたることのやうに、こと人にもかたりしらぶるもいとにくし」
[補注]「枕草子」の用例は、能因本、前田本には「かたりしらへいふ」とある。語義はまだ定説を得ない。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ご‐ちょう ‥テウ【語調】
〘名〙 ことばや文章の調子。ものを言うときの強め、抑揚など。アクセント、またイントネーションを語調と呼ぶことがある。語気。語勢
※化銀杏(1896)〈泉鏡花〉一一「急に語調(ゴテウ)の打沈みて」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

語調」の用語解説はコトバンクが提供しています。

語調の関連情報

他サービスで検索

「語調」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.