Rakuten infoseek

辞書

語基【ゴキ】

デジタル大辞泉

ご‐き【語基】
base》語の構成上の基幹的な要素で、屈折語尾派生語を形成するすべての接辞を取り除いたあとに残る部分。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

ごき【語基】
インドヨーロッパ語などで、語から屈折語尾や派生語をつくる接辞などを取り除いた残りの基本的な部分。意味・形式からみて、それ以上分析できない究極の要素となるもの。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ご‐き【語基】
〘名〙 (base の訳語) 語の構成上、基幹的な役目をする部分。共時的にみて、意味、形式からそれ以上分析できない究極の要素。
※国民性十論(1907)〈芳賀矢一〉九「オ(御)はオホの略で、オホは大多等の語基で、これも敬称の接頭辞である」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

語基」の用語解説はコトバンクが提供しています。

語基の関連情報

関連キーワード

BASEkbフォトCD軍事基地酸塩基平衡PepperエンタイトルツーベースシングルヒットBADGEフォアボール

他サービスで検索

「語基」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.