Rakuten infoseek

辞書

語り物【かたりもの】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

語り物
かたりもの
日本文学および音楽の分類名称。口で語って聞かせる物語をいい,そのテキストは「語り物文芸」または「口承文芸」といわれ,これを物語ったものを音楽および芸能の分類上「語り物」という。テキストは,物語の筋をもつ叙事詩体であるが,劇的構成にまで発展したものもある。音楽的な演唱はだいたいにおいて「語り」すなわち朗誦を中心とするが,歌曲的な曲節や,会話部を普通のせりふよりは音楽的に扱ったコトバも含まれることがあり,コトバは物まね的に語り分けられることもある。古代の「語部 (かたりべ) 」の「語り」は『古事記』としてテキストだけが遺存する。物語琵琶の発展した『平家物語』を語る「平曲」をはじめ,仏教音楽の「講式」,物語僧や瞽女 (ごぜ) の「語り」などがあったが,「幸若」「説経節」「浄瑠璃」「祭文 (さいもん) 」「浪花節」などは現存する代表的なもの。これに対し,普通の歌曲的なものを「うたいもの」ということがあるが,それらは広義の「歌謡」に属する。浄瑠璃のうちでも歌曲的性格の強い種目は「歌浄瑠璃」とも呼ばれている。なお,音楽芸能化していない「語り物」に「講談」などがある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

かたり‐もの【語り物】
日本の声楽曲の一系統で、筋のある物語を節をつけて語るもの。また、その詞章平曲幸若(こうわか)舞曲・説経節祭文(さいもん)浄瑠璃薩摩(さつま)琵琶筑前琵琶浪花節など。→歌い物

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

かたりもの【語り物】
一般に,比較的長い物語に特別な口調,抑揚,曲節などをつけて,口頭で語るものをさす。日本の伝統芸能を分類する場合に用いられる語で,〈歌い物(うたいもの)〉に対する語。また,文芸,口承文芸,伝統音楽の一種類をさして,〈語り物〉と呼ぶ場合がある。 語り物の源流は必ずしも明らかではないが,古代の語り部は口承によって国々・家々の由来・系譜など神話的な物語を語り伝えていたらしく,その伝承を素材として編集し書きとめたのが《古事記》《日本書紀》だと考えられている。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

かたりもの【語り物】
日本音楽の声楽の種目分類概念。「歌物うたいもの」に対する。本来の性格として、詞章の意味内容の伝達が第一義的に重視され、旋律・リズムの変化などの音楽的情緒表現がそれに従属する傾向の強い種目。詞章は歌物の歌詞に比べて一般に長篇で叙事性が強い。平曲・曲舞くせまい・幸若こうわか・謡曲・浄瑠璃・琵琶楽・浪曲など。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

語り物」の用語解説はコトバンクが提供しています。

語り物の関連情報

他サービスで検索

「語り物」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.