Rakuten infoseek

辞書

誘電体【ゆうでんたい】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

誘電体
ゆうでんたい
dielectric substance
絶縁体,電媒質ともいわれる物質静電場を加えると分極を生じるが,導体と異なり,自由電子がほとんどないので直流電流はほとんど流れない。しかし交流電場では分極の遅れによる交流電流があり,誘電損失を伴う。誘電体の電気的特性を表わす量としては分極率誘電率があり,コンデンサの容量増加などに利用される。誘電体のなかには外部電場なしに存在する自発分極をもったものもあり,強誘電体と呼ばれる。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

ゆうでん‐たい〔イウデン‐〕【誘電体】
電界内に置くと誘電分極を生じ、その両端表面正負電荷が現れる物質。電気的絶縁体。電媒質。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

ゆうでんたい【誘電体 dielectrics】
電気の絶縁体を電場の中におくと,正電荷は電場の方向に,負電荷は電場と反対方向に微小変位し,物質の構成要素は電気双極子モーメントをもつようになる。この現象を電気分極といい,電気分極の起こる物質を誘電体という。すなわち絶縁体と誘電体は同義であり,前者は電気の伝導性からみたときの呼名ということができよう。 電気分極(単位体積当りの電気双極子モーメント)P,誘電体内の電場E,電束密度Dの間には, D=ε0EP ……(1)  D=ε′E=ε0εE ……(2)  P=ε0χE ……(3) という関係が成り立つ。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

ゆうでんたい【誘電体】
静電場を加えるとき誘電分極を生じるが、直流電流を生じない物質。電気的絶縁体。電媒質。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

誘電体
ゆうでんたい
dielectric substance
物質の中に電気分極(誘電分極または単に分極ともいう)が外部電界で誘起される性質、および本来電気分極が存在する性質が、物質の誘電性である(図A)。その誘電性に注目され、あるいはその誘電性が利用される物質が誘電体である。物質の誘電性は、普通この物質の電気絶縁性が高いほど明快であるので、具体的な物質としては、誘電体は絶縁物に近いものが多い。しかし、誘電性と絶縁性とはまったく別の性質であり、優れた誘電材料と優れた絶縁材料とは別の物質である。
 電磁気学によると、物質の電気分極P、物質の電束密度Dと電界Eとの間には、つねにD0E+Pという関係式が成り立つ。ここにε0は真空の誘電率である。[沢田正三]

誘電体の分類

誘電性は常誘電性と強誘電性とに分けられ、これに対応して、誘電体は常誘電体と強誘電体とに分けられる。
〔1〕常誘電体 常誘電性は普通の誘電性であって、外部電界によって誘起される電気分極すなわち誘起分極だけを示す性質である。常誘電性を示す誘電体が常誘電体である。
 図Bの(1)に示すように、常誘電体では、普通DEに比例しD=εε0Eが成り立つ。ここに、εε0は絶対誘電率であり、εは比誘電率であるが単に誘電率ともいわれる。常誘電体としては、気体、液体のものもあるが、誘電材料として重要なものはほとんど固体である。
〔2〕強誘電体 強誘電性は、図Bの(2)に示すように、Eの交流的変化に伴って、DEとの関係はD-E履歴曲線(単に履歴曲線ともいう)となる。この曲線の特色は、Eの増加の際と減少の際とでDが異なること、E=0でもD≠0であること、十分大きなEに対してDの飽和がみられることである。強誘電性でE=0でもD≠0であることは、本来電気分極Pが存在することである。かつ、図でわかるように、この分極の極性は電界Eの極性の反転とともに反転する。このような分極は自発電気分極(または単に自発分極)とよばれ、強誘電性は自発分極が存在する性質ということができる。強誘電性には誘起分極も存在する。強誘電性を示す物質が強誘電体である。強誘電体はほとんどつねに、それぞれに特有の温度で(多くは加熱の際)相転移をおこして、強誘電性状態から常誘電性状態へ移る。この温度はキュリー温度またはキュリー点といわれる。強誘電性は、結晶にだけ、それも特殊な対称性(結晶構造)をもつ結晶にだけみられる。結晶はその対称性から圧電性を示すものと示さないものとに分かれ、圧電性を示すものはさらに焦電性を示すものと示さないものとに分かれる。焦電性を示す結晶は極性結晶といわれ、これには本来広義の電気分極が存在するが、一般の極性結晶ではこの分極は電界の反転とともに反転はしない。極性結晶のうちで、電界とともに反転する分極すなわち自発分極をもつものが強誘電体である。自然界に極性結晶はきわめて多数存在するが、それらのうちで強誘電体であるものは少数である。今日までに約250種類の強誘電体が知られている。[沢田正三]

誘電体の実用価値

誘電体は、コンデンサーの材料としてきわめて広範囲に使用されているし、圧電材料、焦電材料としても重要である。圧電材料、焦電材料としては強誘電体が用いられることが多い。強誘電体は電歪(でんわい)材料、電気光学材料などにも用いられる。[沢田正三]
『岡田利弘編『電気物性』(『実験物理学講座16』1977・共立出版)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

ゆうでん‐たい イウデン‥【誘電体】
〘名〙 電場の中におくと、誘電分極をして、両側の表面に正負の電荷が現われる物体。パラフィン、ガラス、雲母、合成樹脂などの絶縁体。電媒質。〔電気工学ポケットブック(1928)〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

化学辞典 第2版

誘電体
ユウデンタイ
dielectrics

絶縁体に電場がはたらくと,その内部に電気の誘起分極が生じ,真空中より誘電率の増大がみられる.この性質に着目したとき,絶縁体を誘電体という.

出典:森北出版「化学辞典(第2版)」
東京工業大学名誉教授理博 吉村 壽次(編集代表)
信州大学元教授理博 梅本 喜三郎(編集)
東京大学名誉教授理博 大内 昭(編集)
東京大学名誉教授工博 奥居 徳昌(編集)
東京工業大学名誉教授理博 海津 洋行(編集)
東京工業大学元教授学術博 梶 雅範(編集)
東京大学名誉教授理博 小林 啓二(編集)
東京工業大学名誉教授 工博佐藤 伸(編集)
東京大学名誉教授理博 西川 勝(編集)
東京大学名誉教授理博 野村 祐次郎(編集)
東京工業大学名誉教授理博 橋本 弘信(編集)
東京工業大学教授理博 広瀬 茂久(編集)
東京工業大学名誉教授工博 丸山 俊夫(編集)
東京工業大学名誉教授工博 八嶋 建明(編集)
東京工業大学名誉教授理博 脇原 將孝(編集)

Copyright © MORIKITA PUBLISHING Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの項目は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

誘電体」の用語解説はコトバンクが提供しています。

誘電体の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.