Rakuten infoseek

辞書

話・咄・噺【はなし】

大辞林 第三版

はなし【話・咄・噺】
話すこと。口に出して語ること。 -がとぎれる -が上手だ ひそひそ-
話された内容。 実のある- つまらない-
話題。 -を変える その-はやめよう
うわさ。評判。 耳寄りな- 次の選挙に出るという-だ
話し合って決めるべき事柄。
相談ごと。 -をもち込む -に乗る
交渉ごと。 -をまとめる -をつける -がこわれる
人に語り聞かせる、ある内容や筋をもった事柄。
昔ばなしや説話など。土地に伝わる-桃太郎の-
講演。演説。
落語。小咄。咄・噺人情-芝居-
談話。大臣の-
物の道理。 -のわかる人
いきさつ。事情。 -が出来すぎている その-というのを聞かせなさい
つくりごと。うそ。 あんなのはただの-さ
(形式名詞のように用いて)こと。ことがら。 こんなことで苦労するとはつまらない-だ

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

はなし【話・咄・噺】
〘名〙 (動詞「はなす(話)」の連用形の名詞化)
① はなすこと。語ること。談話すること。会話。おしゃべり。
※評判記・野郎虫(1660)田中左門「はなしをする事すき也。一座のとりもちも、おくれぬ人なり」
※多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「それだけ賑に十時頃まで雑談(ハナシ)をして」
② 解決したり、まとめたりするために話し合うこと。話し合い。談合。相談。また、交渉。
※通俗古今奇観(1814)二「官人、ちょと説話(はなし)申したし」
※くれの廿八日(1898)〈内田魯庵〉二「夫婦が和熟すれば寝物語に円滑(まる)く相談(ハナシ)が成効(でき)る事だ」
③ ひとつづきの内容をもって人に聞かせること。
(イ) おとしばなし。落語。
※咄本・正直咄大鑑(1687)序「咄(ハナシ)好まざらんおのこは、たまの御客にあいさつなき心地ぞすべきと」
(ロ) 講話。演説。
※うそまこと見立角力(1818‐30頃か)「手島先生はなし」
④ 語られる内容。物語のすじ。
(イ) 話題。
※虎明本狂言・北条(室町末‐近世初)「『してめづらしひはなしがおじゃらふ』『こそおじゃるよ』」
(ロ) 談話の内容。ある人の語ったことがら。
※歌舞妓年代記(1811‐15)凡例「故人知因の役者の談話(ハナシ)を伝に加へ」
(ハ) 説話。伝説。昔ばなし。また、童話。おとぎばなし。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※狐の裁判(1884)〈井上勤訳〉五「之に能く似たる話説(ハナシ)あり。往時愚なる蛙ありて」
(ニ) 物語。小説。
※小説神髄(1885‐86)〈坪内逍遙〉下「話譚(ハナシ)の筋の都合によりて」
(ホ) つくりばなし。虚構のこと。
※大阪の宿(1925‐26)〈水上滝太郎〉一五「三田公の一目惚なんか全く話だ」
(ヘ) うわさ。評判。人から聞いたことがら。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「何でも主人より立派になって居るといふ話しである」
(ト) 事件。事情。わけ。
※義血侠血(1894)〈泉鏡花〉一〇「今の顛末(ハナシ)と云ふのを聞して下さいな」
⑤ 演劇で、上演脚本が決定すると、その稽古をはじめる前に、作者、演出者などが一座の者を集め、その脚本を読みきかせること。本読み。
※役者論語(1776)耳塵集「京右衛門、〈略〉かりにもはなしの場にて、あしきとは申されず」
⑥ (形式名詞のように用いて) こと。ことがら。
※吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉五「吾輩は眤っと穴の出口で待って居らねばならん随分気の長い話だ」
[補注]語源は「はなす(放)」から来ていると見る説もあるが確証はない。ただ、「咄」を「はなし」という意味で用いるのは日本で生じた、いわゆる国訓で、その際「口から出る」のが「はなし」であると考えたとすれば、「放し」が語源であるとする説も成り立つ。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

話・咄・噺」の用語解説はコトバンクが提供しています。

話・咄・噺の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.