Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

詩集【シシュウ】

デジタル大辞泉

ししゅう【詩集】[書名]
《原題、〈ドイツ〉Gedichte》ドイツの叙情詩人メーリケの詩集。1838年刊。
田村隆一の詩集。昭和51年(1976)刊。副題は「1946~1976」。翌年、第5回無限賞受賞。
《原題、〈ラテン〉Elegiae》紀元前1世紀ごろのローマの詩人、プロペルティウスによるラテン語の詩集。全4巻。第1巻の発表は紀元前28年ごろ、第4巻の発表は紀元前16年ごろとみられている。キュンティアという女性への恋情をうたった作品が特に有名。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐しゅう〔‐シフ〕【詩集】
を集めた書物
[補説]書名別項。→詩集

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し‐しゅう ‥シフ【詩集】
〘名〙 詩を集めてのせた書物。
※異制庭訓往来(14C中)「所仰詩集者、杜子美、李太白〈略〉元微之等集進候」
※星(1896)〈国木田独歩〉「枕辺近く取り乱しあるは国々の詩集(シシフ)なり」 〔隋書‐経籍志・四〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

詩集」の用語解説はコトバンクが提供しています。

詩集の関連情報

関連キーワード

カシュニッツシュレーダーヘルウェークレーナウ現代政治社会詩集静学的詩集ウィルトガンスガンクネーベルケラー

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.