Rakuten infoseek

辞書

詩歌【シイカ】

デジタル大辞泉

しい‐か【詩歌】
《「しか(詩歌)」の慣用読み
漢詩と和歌。「詩歌管弦の遊び」
詩・和歌・俳句など韻文の総称。「近代詩歌の流れ」
[補説]書名別項。→詩歌

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐か【詩歌】

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しいか【詩歌】[書名]
日本の短歌雑誌。明治44年(1911)4月、前田夕暮主宰により創刊。同人には尾山秋人、富田砕花室生犀星萩原朔太郎、川上小夜子らがいる。夕暮没後、息子の前田透復刊・主宰。昭和59年(1984)、透の死去に伴い廃刊

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本文化いろは事典

詩歌
詩歌には、主に和歌俳句が挙げられます。「和歌」とは、漢詩に対して、奈良時代までに発生した日本固有の詩歌のことを指します。「長歌」・「短歌」・「旋頭歌〔せどうか〕」・「片歌」などの総称ですが、今日ではもっぱら短歌の事を指します。「俳句」とは、五・七・五の一七音を定型とする日本固有の短い詩の事です。連歌発句〔ほっく〕の形を継承したもので、季語や切字〔きれじ〕を詩の中にみ込むのを原則としています。「和歌・俳句」は、日本固有の詩の形として、万葉の時代から人々に詠まれ、愛されています。日本文化いろは事典では、日本特有の詩歌を「い」特徴、「ろ」起源・歴史、「は」表現技法など、という内容でご紹介しています。

出典:シナジーマーティング(株)

世界大百科事典 第2版

しいか【詩歌】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

しいか【詩歌】
〔「しか(詩歌)」の慣用読み〕
和歌・俳句・詩など韻文の総称。
和歌と漢詩。 「 -管弦の遊び」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

しか【詩歌】

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

詩歌
しいか
短歌雑誌。1911年(明治44)4月、前田夕暮(ゆうぐれ)の白日社(はくじつしゃ)から創刊。創刊同人は夕暮のほか尾山秋人(しゅうじん)(篤二郎(とくじろう))、富田砕花(さいか)、近藤元(はじめ)、狭山信乃(さやましの)ら。第1期(1918年10月まで)は夕暮の、自然主義から外光派への転移時代で、山村暮鳥(ぼちょう)、室生犀星(むろうさいせい)、萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)らも活躍した。第2期(1928年4月~57年5月)の前半は、夕暮の自由律短歌運動の時代で、立原道造(みちぞう)も加わった。この間、夕暮は没し(1951)、67年(昭和42)以降は長子の前田透(とおる)が復刊、主宰した。『詩歌』系歌人には、熊谷武雄(くまがいたけお)、金子不泣(ふきゅう)、米田雄郎(ゆうろう)、矢代東村(やしろとうそん)、中島哀浪(あいろう)、川上小夜子(さよこ)、原三郎、香川進、中野嘉一(かいち)らがいる。84年1月に透は輪禍にて没、追悼号をもって廃刊。[前田 透・篠 弘]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

しい‐か【詩歌】
〘名〙 (「しか(詩歌)」の慣用読み)
① 漢詩と和歌。詩と歌。
※高野本平家(13C前)三「この古き詩哥(シイカ)を口ずさみ給へば」
② 和歌・俳句・詩など韻文の総称。
※俳諧・笈の小文(1690‐91頃)「はなむけの初として、旧友親疎、門人等、あるは詩歌文章をもて訪ひ、或は草鞋の料を包て志を見す」
[語誌]古辞書や訓点資料には、上昇調や下降調のアクセントを持つため、あるいは強調表現等のために出現する長音の発音を文字化したと思われる、長音表記の例がしばしば見出される。これは古代日本語が音節の長短音韻として区別しなかったためであったが、南北朝から室町時代頃を境として、現代語のように長短を音韻として区別するようになる。そのため、多くの長音形は消滅したが、特定の語は、原典に存在していた長音表記形が典拠となって室町時代以後に継承されて生き残ることになった。詩歌(シイカ)はそのような語群の中の代表的な例。イ列長音以外にも、例えば夫子(フウシ)、女房(ニョウボウ)、披露(ヒロウ)などがある。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し‐か【詩歌】
※平家(13C前)三「少将〈略〉この古き詩歌(シカ)〈高良本ルビ〉を口ずさみ給へば」 〔漢書‐礼楽志〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

詩歌」の用語解説はコトバンクが提供しています。

詩歌の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.