Rakuten infoseek

辞書

【シ】

デジタル大辞泉

し【試】
ためすこと。試験
「三十歳で太原から出て、始て進士の―に応じた」〈鴎外魚玄機

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【試】[漢字項目]
[音](呉)(漢) [訓]こころみる ためす
学習漢字]4年
こころみる。ためす。「試案試験試作試算試写試食試問試用考試
試験のこと。「追試入試
「する(為る)」の連用形「し」に当てたもの。「試合
[名のり]もち

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

こころ‐み【試】
〘名〙 (動詞「こころみる(試)」の連用形の名詞化)
① こころみること。ためしに行なうこと。ためし。試験。
※宇津保(970‐999頃)吹上下「すゑふさ、心みのだいたまはりて、ひとり舟にのせられていでたり」
※宇治拾遺(1221頃)七「ことに的弓の上手なり〈略〉心みあるに、大かた一度もはづさず」
② 雅楽を予習のために演ずること。試楽。
※枕(10C終)一五六「御前のこころみの夜の御髪上」
③ 食事をすること。また、その飲食物。
※宇治拾遺(1221頃)九「侍の料とて、あしくもあらぬ饗一二膳ばかり据ゑつ〈略〉講師の御心みとて、こだいなる物据ゑたり」
④ 試飲、試食をすること。また、そのもの。
※御伽草子・酒呑童子(室町末)「恐れながら童子へも御酒ひとつ参らせん。御心みのために」
⑤ 計画。はかりごと。
⑥ 信仰の決心や固さをためす試練。
※引照新約全書(1880)馬太伝福音書「我儕を試探(ココロミ)に遇(あは)せず悪より抜(すくひ)出し給へ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こころ‐・みる【試】
〘他マ上一〙
① ためしに行なう。やってみる。また、効果などを実地に試験してみる。
※書紀(720)神代下(寛文版訓)「僉(みな)(まう)さく天穂日(あまのほひ)の命是れ神(かみ)の傑(すくれたる)なり。試(ココロミ)たまは不(さ)る可けん歟(や)
※竹取(9C末‐10C初)「猶これをやきて心みんと云」
※范の犯罪(1913)〈志賀直哉〉「私は一寸眼をねむって心を鎮めようと試みました」
② 特に、治療などをしてみる。診察する。
※源氏(1001‐14頃)桐壺「猶しばし心みよとのみのたまはするに、日々にをもり給て」
③ 試飲、試食する。
※今昔(1120頃か)四「此、仏の在世の時の飯也、断惑の聖人の食也。此の飯と今の供養の飯と速に試み合すべしと」
[語誌](1)平安時代の用例は上一段活用が普通。本来は上一段活用だけと考えられる。「色葉字類抄」には前田本、黒川本共に「試 ココロム 式吏反 ココロミル」とあり、院政期あたりから上二段活用もあらわれて、並行して用いられたようである。
(2)中世以降は上二段活用の方が一般化したらしく、たとえば「文明本節用集」などの古本節用集では、多く「試 ココロム」とある。近代以後ふたたび上一段化したと考えられる。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

こころ・む【試】
〘他マ上二〙 (マ行上一段活用の「こころみる(試)」を上二段に活用させたもの)
① ためしにやってみる。試験してみる。
※平治(1220頃か)上「かやうにたのみ仰せ候ふうへは、便宜候はば、当家の浮沈をもこころむべしとこそ存じ候へ」
※日葡辞書(1603‐04)「Cocoromi, uru, ita(ココロムル)
② 治療、診察をする。脈搏をはかる。脈をとる。
仮名草子・伊曾保物語(1639頃)下「有驢馬病しける所に、獅子王来てその脈を取りこころむ」
③ 試飲、試食をする。
※仮名草子・伊曾保物語(1639頃)中「われほど果報いみじき物は世に有まじ。其ゆへは、天道に奉る、あるひは国王に備はる物も、まづわれさきになめこころむ」
[語誌]→「こころみる(試)」の語誌

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【試】
〘名〙 ためすこと。試験。
古今著聞集(1254)四「宇治左大臣、東三条にて学問料の試をおこなはれけり」 〔五代史‐李懌伝〕

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ため・す【試】
〘他サ五(四)〙
① 実際にあたって、真偽、良否などをたしかめる。調べてみる。こころみる。
※平家(13C前)五「修行といふはいか程の大事やらん、ためいて見ん」
② 特に、武具類の強度や良否などを確かめる。
※金刀比羅本保元(1220頃か)中「且は鎧の金をもためし」
③ 実際に人を斬って刀の斬れ具合を調べる。ためしぎりをする。
※曾我物語(南北朝頃)一〇「時宗がくたり太刀の刃の程をもためし候はんずる物を」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

試の関連情報

他サービスで検索

「試」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.