Rakuten infoseek

辞書

【し】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典



Ci
中国,韻文の一形態。特に代に栄え,唐詩,宋,元曲と並称されて時代を代表する文学形式であった。唐代に西域から「胡楽」が輸入されて流行したが,その曲に合せて歌った歌詞が起源。中唐頃に専門の詩人が意識的に楽譜に合せた歌詞を創作するようになって,ジャンルとしての詞がほぼ確立した。メロディー (曲子) に合せた歌詞であるから「曲子詞」ともいい,既成の譜に歌詞をうめる (填) ので「填詞 (てんし) 」,既成のメロディーによりかかる (倚) ので「倚声」という。また1句の長さがふぞろいなので「長短句」ともいい,詩から生れた余りものという意で「詩余」,さらに漢代以来の歌辞文学である楽府 (がふ) になぞらえて「楽府」とも「近体楽府」ともいう。中唐に確立し,晩唐に温庭 筠,五代に李 煜 (りいく) が現れ,傑作を生んだ。北宋に入って晏殊欧陽修らが五代の詞を継承,やがて長編形式の慢詞が生れ,張先柳永が宋独自の詞を開拓した。宋詞は作風によって豪放派と婉約派に二大別されるが,北宋において前者を代表するものが蘇軾 (そしょく) で,柳永のあとを継ぐ周邦彦 (しゅうほうげん) が後者を代表する。南宋に入って辛棄疾陸游が蘇軾を継ぎ,姜 夔 (きょうき) が周邦彦のあとを継いで,呉文英にいたって極点に達する。元,明にはほとんどあげるべき作者もないが,清に入って再び流行をみ,納蘭性徳朱彝尊 (しゅいそん) らの作者が現れるとともに選集が編まれ,音律上の研究も進められた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

し【詞】
ことば。文章や詩歌。また、特に、歌詞。「に曲をつける」
中国の韻文の一。唐末から宋代にかけて流行。もとは楽曲に合わせて作られた歌詩。1句の長短は不定で俗語を多く使う。塡詩(てんし)・詩余・長短句ともいう。
単語を文法上の性質から二つに分類したものの一。辞(じ)に対する。単独で文節を構成しうる語。名詞動詞形容詞形容動詞副詞連体詞感動詞接続詞がこれに属する。自立語時枝誠記(ときえだもとき)学説では接続詞・感動詞などはに入る。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

し【詞】[漢字項目]
[音](漢) [訓]ことば
学習漢字]6年
ことば。文句。「賀詞献詞祝詞序詞誓詞題詞弔詞
文法上の単語の部類。「動詞品詞副詞名詞
詩文。詩歌。「詞章詞宗(しそう)歌詞作詞
中国の韻文の一体。一句の字数がふぞろいなもの。「宋詞
[名のり]こと・なり・のり・ふみ
[難読]台詞(せりふ)祝詞(のりと)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

し【詞 cí】
中国における韻文文学の様式の一種で,歌辞文芸でもある。もとは唐代における燕楽(宴楽,儀式用の雅楽に対し,宴席などの音楽をいう)の歌辞をいい,それがしだいに伝統的な詩とは違った文学的性格を備え,宋代になって大いに流行した。〈漢文,唐詩,宋詞,元曲〉といわれるように,詞は宋代をもって様式を完成し,この時代の特有な文学としての位置をしめる。詞というほかにいろいろな呼び方があり,詩余,曲子詞,長短句,塡詞,近体楽府(がふ)などともいう。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

し【詞】
ことば。文章。詩歌。
中国の歌曲の一体「塡詞てんし」のこと。
国文法で、単語を文法上の性質から二大別したものの一。
橋本進吉の説では自立語をいう。
時枝誠記の説では、概念過程を経て表現された語、すなわち、事柄を表現する語をいう。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

し【詞】
〘名〙
① ことば。文章。詩歌
※文芸類纂(1878)〈榊原芳野編〉四「詞〈略〉長篇長短句等の変体もありしが詞を作りし者もありしと見えて」 〔庾信‐謝趙王示新詩啓〕
② 中国、古典文学の一ジャンル。唐代に流行した新しい歌謡の歌詞が、やがて文学形式として定着したもの。一句の字数が不定で、俗語を多用する。宋代に栄え、宋を代表する文学とされる。填詞(てんし)、詩余などとも呼ばれる。〔填詞図譜(1806)〕
③ 日本語の単語を文法上の性質から二つに大分類した一つ。自立語をいう。助詞、助動詞を辞(じ)というのに対する。⇔

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

詞の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.