Rakuten infoseek

辞書

訳が無い【ワケガナイ】

デジタル大辞泉

訳(わけ)が無(な)・い
《「もない」「訳はない」とも》
はずがない。道理がない。
「書留がそんな中に入ってる―・いよ」〈漱石明暗
簡単である。手数がかからない。
「もう跡は―・いから弁当にしようということにして」〈左千夫野菊の墓
正気を失っている。正体がない。訳がわからない。
「皆川を始め女郎泣き出して、わけもなうなりける」〈浮・五人女・一〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

わけがない【訳が無い】
たやすい。容易だ。 「予選の通過は-・い」
理由がない。筋が通らない。 「こんな時間に来る-・い」
たわいない。正体がない。 「さてもさても酒に酔うて-・い/狂言記・素襖落」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

わけ【訳】=が[=も・=は]無(な)
① 筋道が立たない。道理がない。理解ができない。でたらめである。めちゃめちゃである。また、意味がない。ばかばかしい。
※応永本論語抄(1420)季氏第一六「友善柔とは、人にさしあうては人の云ことをさなりと肯て、其前を退てはわけもないことを云とそしる者を善柔と云」
※六物図抄(1508)「三衣をわけもなう縫ふ事をきらうてわるう云也」
正体がない。たあいがない。また「わけもなく」の形で用いて、特別の理由なく。ただなんとなく。また、むしょうに。
※史記抄(1477)一四「五臓の各の部をやぶりて、わけもなうないたぞ」
※浮世草子・好色五人女(1686)一「みな川を始女郎泣出してわけもなうなりける」
③ 容易である。簡単である。
多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「貴方の今の風邪ぐらゐの時に薬を飲むだら、難(ワケ)は無かったです」
④ (動詞について) …のはずがない。…であるはずがない。
吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉八「此位の事で君子の挙動の変化する訳がない」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

訳が無い」の用語解説はコトバンクが提供しています。

訳が無いの関連情報

他サービスで検索

「訳が無い」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.