Rakuten infoseek

辞書

記録荘園券契所【キロクショウエンケンケイジョ】

デジタル大辞泉

きろくしょうえんけんけい‐じょ〔キロクシヤウヱンケンケイ‐〕【記録荘園券契所】
平安時代および建武の中興時に置かれた役所。延久元年(1069)後三条天皇荘園整理のために初めて設置し、その後しばしば設けられた。荘園記録所。記録荘園所。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きろくしょうえんけんけいじょ【記録荘園券契所】
後三条天皇の1069年(延久1)閏10月(《百錬抄》に閏2月とあるのは閏10月の誤りと解される)に太政官朝所(あいたんどころ)に設置された荘園券契(証拠書類)審査機関。このとき寄人が定められたが,のち1111年(天永2)に記録所が作られたとき延久の例にならい上卿(しようけい)1人,弁1人,寄人(よりうど)3人が任ぜられたとあるので,同様な構成であったのであろう。この記録荘園券契所の設置はこの年2月と3月に出された荘園整理令と関連するものであるが,それまでの荘園整理令の実施が国司にゆだねられ,荘園領主から訴えがあったときだけ中央政府で裁決していたのに対し,中央政府に新設された機関で荘園券契を審査することに意義があった。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

日本大百科全書(ニッポニカ)

記録荘園券契所
きろくしょうえんけんけいしょ
単に記録所ともいう。1069年(延久1)、後三条(ごさんじょう)天皇が荘園の整理を推進するために設けた機関で、太政官(だいじょうかん)庁内の朝所(あいたんどころ)に置かれ、寄人(よりゅうど)(職員)が任命された。荘園所有者より提出させた券契(証拠書類)を検討審査し、その結果を太政官に報告した。これを勘奏(かんそう)といい、太政官はその勘奏に基づいて官符を発布し、停廃を命じた。停廃の対象とされたのは、券契がない荘園、不正な手続でたてられた荘園、および前回の荘園整理令が出された1045年(寛徳2)以後の新立荘園などであった。これ以前、荘園の増加を抑制するため幾度か荘園整理令が出されたが、国司が執行していた。それを中央に関係官庁を設けて推進したもので、いちおうの成果をあげたが、天皇の在位期間が短かったこともあり、荘園新立の傾向を阻止するには至らなかった。その後1111年(天永2)、1156年(保元1)、下って1187年(文治3)、1202年(建仁2)にも置かれたが、みるべき成果はなかった。なお、1321年(元亨1)や建武(けんむ)新政府にも1333年(元弘3)記録所が置かれたが、これは荘園整理というよりは、政務にかかわる機関で、同一には扱えない。[村井康彦]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きろく‐しょうえんけんけいじょ ‥シャウヱンケンケイジョ【記録荘園券契所】
※百練抄‐延久元年(1069)閏二月一一日「始置記録庄園券契所。定寄人等。於官朝所行之

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

記録荘園券契所」の用語解説はコトバンクが提供しています。

記録荘園券契所の関連情報

他サービスで検索

「記録荘園券契所」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.