Rakuten infoseek

辞書

記号論【きごうろん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

記号論
きごうろん
記号学」のページをご覧ください

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

きごう‐ろん〔キガウ‐〕【記号論】
semioticssemiology》一般に記号といわれるものの本質・在り方・機能を探究する学問。米国のパースとスイスのソシュールに始まるとされ、論理学言語学人類学芸術などに関連する。
semiotic》科学的経験主義で展開された記号の機能に関する理論。機能の三側面に従い、語用論意味論統語論から成る。
[補説]書名別項。→記号論

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

きごうろん【記号論】[書名]
《原題、〈イタリア〉Trattato di semiotica generale》イタリアの記号論学者・小説家、エーコによる評論。イタリア語版は1975年刊行、英語版(A Theory of Semiotics)は翌1976年に刊行。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

きごうろん【記号論】

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

きごうろん【記号論】
〔semiotic(s)〕 モリス・カルナップらの分析哲学・論理実証主義哲学で、記号・対象・使用者の三者の関係を構文論・意味論・語用論の三部門に分けて研究するの一分野。 C = W =モリスの提唱による。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

記号論
きごうろん
semiotics英語
Semiotikドイツ語
smiotiqueフランス語
記号の理論をいう。記号についての議論は、きわめて古くから行われており、たとえば古代ギリシアの哲学者の著作にも数多くみられる。また現代でも、哲学、論理学、言語学、人類学、行動学、心理学、生物学、コンピュータ理論などの、実にさまざまの分野で記号についての議論が行われている。近ごろでは、「記号論」とよばれる一つの新分野をたてようとする動きもあるが、この動きに参加している人たちのなかにも、さまざまな意見があるようである。目下流行しているのは、言語学や文化人類学の術語を使う記号論のようであるが、この術語に対応する概念のなかには、ほかの分野で別のことばでいわれているものも多い。こういった無数の議論について概観することは、限られた紙数ではとてもできないことなので、ここでは記号をめぐるいくつかの哲学的問題をあげておくにとどめる。
(1)記号ということばは、特定の書物の特定のコピーの特定の箇所に印刷されている一つの文字、といった、特定の物体をさすのに使われることもあり、それと似た形をしている文字すべてをさすのに使われることもあり、そういった文字をみた人の心中に引き起こされるものと想定されている心像をさすのに使われることもある。論理学においては、もっと抽象的に、集合の元を記号と考え、たとえば実数をすべて記号として扱うこともある。このような、記号のさまざまなレベルの違いを分類し、その間の関係を定めようとすると、個と普遍者との関係をめぐる、古来の普遍問題に巻き込まれる。この問題は現在でも活発な論議の対象となっているものである。
(2)「記号の意味」という表現は、日常なにげなしに使われることばである。しかし、開き直って「意味とは何か」と聞かれると、答えることはけっしてたやすくはない。固有名詞的な記号については、それが指示する対象であるとする答えがよく行われているが、それでは架空の人物の名前には意味がなくなってしまう。また普通名詞的なものでは、その適用範囲(外延(がいえん))が同じ二つのことばが意味が違うとされることが多い。このような場合を説明するために、記号によって指示されるものと、記号の意味になっているものとを区別しようとする哲学者は多いが、この区別の必要は指摘できても、意味そのものについての説明は十分にできずに苦しんでいる者が多い。そこでクワインのように、意味という概念そのものを記号に関する論議から締め出そうと提唱する哲学者も出てくる。とにかく、意味をめぐる問題は、哲学界で当分の間、だれをも満足させるような解答は出そうもないものである。
(3)言語学のほうから記号について論じようとする人は、世界観が記号体系によって変わってくることは十分認めながらも、記号によって表現される世界とか感情とかいったものについては、いちおう常識的な了解を前提にして話を進めることが多いようである。しかし、哲学的には、この常識的な了解そのものが検討の対象となる。記号を操る人間の存在は認めても、心の存在は否定し、行動主義的に記号現象を分析しようとする哲学もある。心身二元論と、唯物論と、行動主義とのうちのどれが正しいかは、まだ論争の主題の一つなのである。
(4)心の存在を認める立場をとる人でも、記号から、これに対応しているはずの、心のなかの現象を、一義的に決定できるかどうかについては、疑問に思う人もいる。事実、論理学での不完全性定理やモデル論の成果を援用すれば、この決定は不可能であると考えるほうが妥当なようである。また、これは、心のなかの事柄に限らず、一般に、記号とその表現しているはずの内容との間の関係について成り立つ。また、この考え方を広げていくと、翻訳の不確定性にも突き当たる。このように、記号には、いわば宿命的な多義性が付きまとうにもかかわらず、一方では、記号とそれによって表現される事柄との関係についての議論を行うことに、十分な意味があるように思われる局面のあることも事実である。そこで、この多義性と、表現が可能であるように思われる事態との間にどう折り合いをつけるかという問題が生ずる。一つの記号が同時に多数の世界の事物と関連しているのだとする多世界説が哲学のほうで流行するのも、この問題と関連のあることである。
(5)超越的なものを記号によって表現しようとすることは昔から行われてきたことであるが、もしこの表現が本当に可能なら、超越者は超越者ではなくなる。この逆理をどう解決したらよいのか。これは古来、宗教―哲学のほうで問題になってきたことだが、この問題も、実は(3)、(4)の問題とつながっているのである。[吉田夏彦]
『吉田夏彦著『記号と人間』(1983・旺文社)』

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

きごう‐ろん キガウ‥【記号論】
〘名〙
① (sematology の訳語) 記号とその指し示す対象との関連を研究する学問。意味論。〔哲学字彙(1881)〕
② (semiotics semiologie の訳語) 人間の生活にかかわる、具体的な事物から芸術的な表現に至るまで、さまざまな事象を記号としてとらえ、解明する学問。米国のパース、スイスのソシュールに始まるとされ、主に言語学の理論を記号に適用することを基礎とし、旧来の社会学、経済学、哲学などの領域を超えて総合的に人間事象をとらえようとする学際的な理論をいう。フランスのロラン=バルト、イタリアのウンベルト=エーコ等の業績が有名。記号学。
③ (semiotics の訳語) 分析哲学論理実証主義の立場でなされる記号の機能に関する理論。パースの後継者モリスが最初に主張したもので、記号の機能を、記号相互の関係、記号と指示対象との関係、記号とその使用者との関係という三つの側面に区別し、それぞれ統語論(構文論)、意味論、語用論と三部門に分けて研究する。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

記号論」の用語解説はコトバンクが提供しています。

記号論の関連情報

他サービスで検索

「記号論」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.