Rakuten infoseek

辞書

託宣【たくせん】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

託宣
たくせん
神託ともいう。神が人に憑 (かか) り,その意志を述べることをいう (→神憑り ) 。『日本書紀仲哀天皇の条には,神が皇后に託 (かか) り,南九州熊襲を討つよりも北方の新羅国を討てと神託があったが,天皇はこれを信じなかったため崩じたとある。このように神が意志表示をなすのに対し,人間が神の意志をうかがい求める場合がある。『日本書紀』崇神天皇の条には,天下に疾疫が広がったとき,天皇はその原因を知るために卜問 (うらどい) をなし,神はヤマトトトヒモモソヒメに憑りその意志を示したという。和気清麻呂が受けた宇佐八幡宮の神託は有名であるが,信仰の弛緩に伴って偽りも生じ弊害も生れた。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

たく‐せん【託宣】
[名](スル)神仏が人にのりうつったり夢の中に現れたりして、その意志を告げること。また、そのお告げ。神託。→御託宣(ごたくせん)

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版

たくせん【託宣】
神託ともいう。神のお告げ。神が人に乗り移り神の意志を伝えること。この場合,人が神に教えを乞うもの,神が人に祭事などを求めて予するもの,などがあり,そのときの状態を神がかりといった。神が乗り移る対象の多くは,女性,小児であり,また男性神職のことも歴史上よくみられる。《日本書紀》には,神功皇后がみずから神託をうかがったことがみえ,また和気清麻呂も宇佐八幡に参宮して託宣を受けており,国家の大事に際し神意をうかがう例はきわめて多い。

出典:株式会社平凡社
Copyright (c) Heibonsha Limited, Publishers, Tokyo. All rights reserved.

大辞林 第三版

たくせん【託宣】
( 名 ) スル
神がお告げをすること。 → 神託
意見や忠告。 → 御託宣

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

託宣
たくせん

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

たく‐せん【託宣】
〘名〙
① 神のことば。神のおつげ。神が人にのりうつったり、夢の中に出現したりして人間に伝える意志。また、祈願した事柄に対する神の答え。神託。
※続日本紀‐天平勝宝元年(749)一一月己酉「八幡大神託宣向京」
② 一般に、告げごと、言い分。多くはあざけりの意を含めていう。
浮世草子・傾城歌三味線(1732)三「コリャ太夫、あらたまったるお託宣」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

託宣」の用語解説はコトバンクが提供しています。

託宣の関連情報

他サービスで検索

「託宣」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.