Rakuten infoseek

辞書

訓育【くんいく】

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典

訓育
くんいく
discipline
知識の習得をおもな目的とする「教授」に対し,意志感情などを涵養して望ましい人格を形成することをおもな目的とする作用。知育に対する徳育に該当し,また「しつけ」の意味に用いられることもある。

出典:ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉

くん‐いく【訓育】
[名](スル)
教え育てること。「児童を訓育する」
豊かな感情と意思をはぐくみ、性格や生活習慣をより望ましいものに育てる教育作用。

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

くんいく【訓育】
スル
素質・習慣などをよい方に伸ばすように、教え育てること。 能く其子女を-する者稀なり/明六雑誌 8
知識の習得を目指す教授に対して、児童・生徒の感情・意思・世界観などに関わる教育作用。広い意味の道徳教育。

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)

訓育
くんいく
discipline英語
ZuchtErziehungドイツ語
感情・意志・行為などに働きかけながら人格の形成を目ざす教育作用の一側面。性格形成、道徳教育と同義に用いられることもある。教授が知識や技能の形成を目的とするのに対して、育は、ひとりひとりの子供と全人格的に交わり、その子供の個性的特性に直接働きかけながら、訴え、訓戒、警告などを通して、道徳的な確信や行為能力や態度を身につけさせることを目的とする。そのためには、教師の人格的特性が決定的な役割を果たす。[森川 直]

出典:小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

くん‐いく【訓育】
〘名〙 社会生活に必要な心がけや知識を教えて、児童、生徒を育てること。特に、陶冶、教授に対し、人間の意思や感情を鍛練して、性格の形成を目ざす教育作用。広義の道徳教育。
※万国新話(1868)〈柳河春三編〉一「学校を設けて児童を訓育するは」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

訓育」の用語解説はコトバンクが提供しています。

訓育の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.