Rakuten infoseek

辞書

【ケイ】

デジタル大辞泉

けい【計】
合計。「三〇万の売り上げ」
はかりごと。計画。「一年のは元旦にあり」「国家百年の

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

けい【計】[漢字項目]
[音]ケイ(漢) [訓]はかる はからう はか ばかり
学習漢字]2年
数える。はかる。「計器計算計測計量会計合計集計推計統計累計
はかる器具。「温度計体重計
企てる。はかりごと。「計画計略奇計生計設計早計大計謀計
[名のり]かず・かずえ

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

はか【計/量/果/捗】
仕事などの進みぐあい。やりおえた量。
田植え・稲刈りなどのとき、当てられた分担の区画。
「秋の田の穂田の刈り―か寄り合はばそこもか人の我(わ)を言(こと)なさむ」〈・五一二〉
目当て。あてど。
「からをだにうき世の中にとどめずはいづこを―と君もうらみむ」〈・浮舟〉

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版

けい【計】
計画。 「百年の-」
合計。 「 -三万円」

出典:三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

けい【計】
〘名〙
① くわだて。はかりごと。計画。
史記抄(1477)一一「貴人のなんでまり計を案じすまいて、吾が功にせうとするを」 〔史記‐高祖紀〕
② なりわい。生計。
※黴(1911)〈徳田秋声〉二「東京で永遠の計を立てるつもりで」
③ 二つ以上の数を加え合わせて得られる価。合計。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

」の用語解説はコトバンクが提供しています。

計の関連情報

他サービスで検索

「計」のスポンサー検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE GROUP, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.