Rakuten infoseek

辞書

Infoseek辞書サービス終了のお知らせ

言様【イイザマ】

デジタル大辞泉

いい‐ざま〔いひ‐〕【言(い)様】
[名]ものの言い方。いいよう。「人を小ばかにした言い様
[副]《「いいさま」とも》(「…といいざま」の形で)言うと同時に。言うやいなや。「『よし、行こう』と言い様立ち上がった」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いい‐よう〔いひヤウ〕【言(い)様】
言い表し方。言い方。「なんとも言い様がない」「ものも言い様が立つ」

出典:小学館
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:田中牧郎、曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

精選版 日本国語大辞典

いい‐さま いひ‥【言様】
〘副〙 (「いいざま」とも) 言うと同時に。言うやいなや。
※天草本伊曾保(1593)イソポの生涯の事「『ワガ フクチュウヲ ヒルガエイテ ヲメニ カキョウ』ト iysamani(イイサマニ)、ナマヌルイ ユヲ イッパイ〈略〉ノミ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いい‐ざま いひ‥【言様】
〘名〙 もの言う様子。話し方。話しぶり。言いよう。
※文明本節用集(室町中)「云様 イイサマ」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いい‐よう いひヤウ【言様】
〘名〙 言い表わし方。口のきき方。話しよう。言い方。
※義経記(室町中か)二「きゃつは不思議の者のいひやうかな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いう‐よう いふヤウ【言様】
〘名〙 言った言葉を以下に引用するときに用いる。言うことには。言うには。いわく。
※竹取(9C末‐10C初)「おきないふやう、我朝こと夕ことに見る竹の中におはするにて知りぬ」
[補注]中古では、「いふやう」は和文に用いられ、訓読語では「いはく」を用いた。

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

いおう‐よう いはうヤウ【言様】
〘連語〙 (「言はむやう」の変化した語) いうべき方法。いいよう。言うすべ。
※虎明本狂言・成上り(室町末‐近世初)「おのれめが人にとられて、それをいはふやうに、今までなんのかのとぬかひたな」

出典:精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

言様」の用語解説はコトバンクが提供しています。

言様の関連情報

他サービスで検索

(C)The Asahi Shimbun Company /VOYAGE MARKETING, Inc. All rights reserved.
No reproduction or republication without written permission.